アップデート後の性能チェック

トップ > 自転車の話 > BESV CF1 LENA > アップデート後の性能チェック
2018.4.11


軽く2018年仕様の性能チェック。
昼ごはんに遠方のうどん屋までCF1で往復してみた。

2ヶ月に1回ぐらい気が向いた時にRZ120かPSA1で裏道使って行ってるルート。
片道16kmぐらいで何度かアップダウンがあるけど傾斜は緩めで程よい。

アシストモードはS。
ギアは3速が中心で坂だけ2に、1はほとんど使わず。
走り出しは滑らかで自然。
どっしりした重めの走りだけど苦もなく22km/hぐらいで巡航できる。

登りになると速度は落ちるが適度なペダル負荷で登り続けられる。
20km/hを下回る速度になるとギアを2速に。
坂の傾斜次第で15〜18km/hぐらいで登る。
激坂レベルがないので1は必要なし。

アシスト力は2017年版より確実にアップしてる。

もともと走り出してしまえばアシスト力は十分だったけど、発進の瞬間や傾斜のキツイ高負荷で速度が落ちてくシーンではペダルが重くなりがちだった。それがだいぶ緩和されてて適度なペダル負荷で走れる。PSA1ほどパワフルな体感じゃないけど、それが逆に自然で好印象。

フィーリングは違うけど能力的にはPSA1と似た様な感じ。
速く走れるわけじゃないが遅くもならない。


実用車で走ろうと思わないようなアップダウンも全く問題ない。
軽いペダル負荷で滑る様に定速で通過。

乗り心地は路面次第。
24インチホイール+太いタイヤなのでエアボリュームは大きい。
ミリ単位の細かい路面荒れは緩い微振動程度に抑え込むので快適。

センチ単位の段差になるとハネ気味の突き上げ感になる。
ボヨンボヨンとハネる感じ。
尖った衝撃はないがサスが吸収するPSA1の様にはいかない。
前かごにカバンとか入れてるとフライパン煽ってる様に中で回る。

ハンドリングは重くてどっしり。
スポーツ系自転車のフィーリングとは対照的。
全ての体感がのんびり走る方向を向いてる。
ママチャリフィーリングそのものだけど移動する平均速度はPSA1と同等。


バッテリーの減りは少し早くなった気がする。
重めの実用車を登りも含めて軽快に走らせる代償かな。

CF1はバッテリーが259WhでPSA1の68%の容量。
体感的な走行可能距離はPSA1の半分ぐらい。
PSA1よりバッテリー消費が大きい感じ。
でも、この方向で正解だと思う。
長距離走る自転車じゃないから軽快な走行フィーリングの方が大事。


登りでもスルスルと快適に走れるので感覚が麻痺する。
でもアシスト切ると登れたもんじゃない。
バッテリー減っていくのも納得。


ちょっと寄り道もして、走行距離は35km、獲得標高は310mぐらい。
バッテリーは見事に空。
寄り道しなかったら1メモリは残ったかも?

まー、CF1の行動範囲としては十分。
近場なら山ポタにも耐えれる性能がある。
ぶらぶらと一日ポタリングしたい場合はスペアバッテリー必須。
(CF1でそこまでする人は少ないと思うけど)

2018年版のCF1は汎用性高いので実用車+αを求めてる人にはオススメです(^^)

遊びメインならPS1ADVとかPSA1の方が楽しいけど、CF1ののんびり感も悪くない。

トップ > 自転車の話 > BESV CF1 LENA > アップデート後の性能チェック
アップデート後の性能チェック | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS