TRS2用ライトをPSA1に流用

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > TRS2用ライトをPSA1に流用
2020.05.18



TRS2用の純正ライトが新型になった
ライト本体は以前と同じで配線変わってスイッチが付いた。
カットラインの出た超高性能なライト。
これをPSA1に使わない手はない。

仕様的には6Vのライト。
だが、5Vでも十分な光量で点灯する。
とりあえずモバイルバッテリーで使える構成にする。


変換ケーブルを作る材料を用意。


ちょんぎって外被覆とか除けると4本線がある。
普通は赤と黒が電源。


平端子の受け側を圧着したら完成。
線が細くて繊細なので端子圧着には少々テクがいる。


小型のモバイルバッテリーに繋いで点灯確認。
なんら問題ない。
6Vより光量は落ちてるはずだが比べないとわからん。

このライトの価値は光量よりも配光特性。
配光が良ければ少しぐらい光量落ちても影響小さい(人間の目が慣れてカバー)。


2.5Wぐらいか。
小型のモバイルバッテリーで夜通し点灯できるな。


PSA1への取り付けは厄介だった。
まーうちだけの問題だろうけど。

センターに付ける場合は、ステムのハンドルブラケット側のパーツをライト付属のステー付きに交換して装着するようになってる。

そこに問題発覚。
うちのPSA1はステムを短いのに交換してる。
そのブラケットのネジ穴位置が違った。
規格モノじゃないのか、、、
このパターン多いな。


とは言っても騒ぐほどでもない。
付属パーツでハンドルを固定する必要はない。
ブラケットを土台パーツとしてタイラップ固定した。
ライトの土台としてガッチリ固定されれば問題ない。


モバイルバッテリーはバッグの中に。
これは今までと同じ。
2ポートのを使えばiPhoneにも供給できる。


スイッチ装着。
ハンドル形状が合わないのでこいつもタイラップ固定。


当然だけどライトONで光る。
クールだ。


PSA1には十分すぎるぐらいの光量。
5Vでなんら問題ない。

6Vへの昇圧回路入れれば本当のフル光量で使える。
夜に本気走りする自転車に流用するならそれもアリ。

追記:6VにBoostした

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > TRS2用ライトをPSA1に流用
TRS2用ライトをPSA1に流用 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS