フューリアスフレッド2.25インチに交換

トップ > 自転車の話 > Cannondale RIZE4 > フューリアスフレッド2.25インチに交換
2012.03.03

フューリアスフレッドの2.00インチに交換して劇的に軽快になりました。
でも、固めのフィーリングや迫力ダウンが気になる…。
悩んだ挙げ句、太いタイヤに手を出しました。
購入したのは、シュワルベのフューリアス フレッド。

サイズは、
2.25インチ!

※2.1インチが無いので仕方なく…。

装着前の時点で異常に太い。

さすがにやり過ぎたか…(^^;

1本装着。

左が2.00インチ、右が2.25インチ

写真より実際に見る方が太く見える。

前後に装着完了。

アホみたいに太いタイヤです。

最初に付いてたRidgelineの2.1インチも妙に太かったけど、それより一回り太い感じ(特に横幅)。

2.00インチに目が慣れてたから太すぎて違和感(^^;

太くて重そうだけど重量的には395g、Ridgelineの2.1インチよりもだいぶ優秀です。
迫力が戻ったどころではなく、元よりも迫力アップしました。


走行インプレッション

平均速度は1〜2km/h程度ダウン。
速度はフューリアスフレッド2.00インチとRidgelineの2.1インチの中間ぐらい。
足止めて速度が落ちる具合も中間ぐらい。
幅が太いので接地面積が大きく、全体的にしっとりした接地感でハンドルもしっとり。

ペダリングはフューリアスフレッド2.00インチに比べると全体的に重い。
特にゼロスタート時に重ったるさを感じる。
ゼロスタート時の感触はRidgelineの2.1と同じぐらいかな?
走り出すとRidgelineの2.1よりだいぶ軽いし、速度も出る。

空気圧4barと4.5bar(最大値)で、軽快感がだいぶ変わる。
(幅があるから空気圧が接地面積にかなり影響するらしい)
走行音は2.00よりも大きめ(接地してる幅の分、大きい感じ)

尖ったひび割れが連続するアスファルト部分を走ると、最大空気圧でも2.00よりマイルド。
小さい突起的な段差通過時はエアボリュームが大きいタイヤ、って動きする。
舗装路メインだと高めの空気圧が相性よさそうかな?

今の好みと使い方だと、このぐらいがベストバランスな感じ。
2.00インチよりは巡航速度が落ちるけど、Ridgelineよりは速いし楽。
バランス的に舗装路よりだけど、接地幅が確保できるので締まったダートなら問題なさそう。
最大空気圧でもボヨボヨ感が感じられるし、安定感も2.00インチよりだいぶ上。
やり過ぎたか、と思ったけど悪くないです。

その後、河川敷の未舗装路を走ったので印象を(4.5barのままだけど)。

ペダリングは重め。
砂地っぽいところはペダルは重いけど沈みにくいので一応走れる。
石がゴロゴロと混ざってる様なところは石を完全に踏みやすいので安定してる。
路面の条件がよくなるにしたがってペダルの重さが気になる。
締まったフラットダートだとRidgelineの方がペダル軽かったかも?
空気圧を落とすとグリップ上がりそうだけどペダルも重くなりそうな感じ。
走破性という面では、ドロドロじゃなければなんとかなるかな。
石ごろごろの場所では2.00インチより格段に安心感は大きい。
まぁまぁかな。


2012.5.6 追記

2.25インチで1000kmぐらい走りました。
最初の読みは当たっていて、MTBっぽい見栄えで舗装路を走るという方向にはベストなタイヤです。
速度は十分に出るし、太い幅のお陰で舗装のひび割れや側溝の縦溝とかも関係無し。
とても気楽に走れます。
単独走行や、MTB系との舗装路メインのサイクリングにはなんら問題無しです。

ただ、さすがにロードバイク系と一緒にサイクリングするには速度差が気になります。
暖かい時期は自転車仲間とサイクリングする機会が多いので、また2.00インチに付け替えました。
速度差はサイコンの平均速度で1〜1.5km/h。
ちょっとの差だけど、人力自転車では大きな差です。
あと、2.00の方が漕ぎ出しが軽いことを再認識。ゴーストップが多い町中は楽かも。
細い見栄えはいまいちだけど(2.1インチの作って欲しい)。

冬場とか単独走行が多い時期に、また2.25に付け替える予定です。


2012.5.7 追記

2.25→2.00の変化まとめ

・ロードノイズが大幅減(2.25はザーッというノイズが大きい)
・ゼロスタートの漕ぎ出しが少し軽い
・10km/h台の速度域では楽さ加減の違いは分からない
・25km/h以上の速度域では少し楽に感じる(同じしんどさなら1.5km/hぐらい速い)
・速度の遅い登り坂では差がわかりにくい(微妙には楽な気がするが…)。
・ギャップ通過時のサス挙動が軽快(タイヤ1本で100g軽い影響か?)
・突起ギャップの通過の感触はちょっと固め(衝撃の大半はサスが吸収。感触的に固いだけ)
・見た目の迫力は大幅ダウン

個人的な価値感では、単独走行なら2.25がベストバランス。
見栄えがいい上にMTBとしては充分に速く走れる。

同じ時間としんどさで少しでも距離を稼ぎたい場合や、ロードバイクと一緒に走る場合は2.00。
MTBらしい外観をギリギリ保ちつつ、速度域を少し上げれる。



2012.5.13 追記

1週間で2.25に戻してしまいました(^^;。
やっぱり2.00は微妙に肌に合わない。
2.25が最もしっくりくることを再認識しました。

競技じゃない限り、満足感は好みで決まります。
公道走るので無風&平地だけじゃありません。
平地、上り、下り、荒れたアスファルト、色々取り混ぜて走るときにトータルで自分が満足して走れるか?です。

私にとってはという前提ですが、
・2.00は微妙に走行抵抗が低く、下りで速度が出過ぎて違和感あり(ブレーキに頼る場面が増える)。
・上りでは2.25と速度同じ(他の抵抗要素が大きいから差がでない感じ)
・平地では2.00が少し速いが、滅多にその領域の速度では走らない
・空気圧を高くすれば差が縮まる(最大値より10%増しぐらいにすると差は極小。自己責任ですけど)
・下りで荒れたアスファルトを通過する時に2.00は不安感あり。2.25は安定。
・下りのコーナーで2.25は安定感あり(下りの速度アップと走行抵抗とのバランス感が好み)。
・2.25で外径がアップした時のギア比感が非常にしっくりくる(2.00にするとローギヤ方向にズレるので違和感)。
・2.25はタイヤ重量のジャイロ効果なのか、自転車の立ちが強めで安心感がある(100g差の影響?)。
・未舗装路、特に砂地ベースの石がある様な場所では2.25が圧倒的に有利。
・MTBっぽい見栄えは2.25の圧勝
とまぁ、こんな感じ。

私の場合、絶対的な速さを求めてないので2.25の方が満足感大。
ロードバイクと一緒に走る時に苦労するものの、サイクリングレベルだと巡航25km/hぐらいです。
がんばればついて行けないこともない。

そんなわけで2.25が常用タイヤとして決定。
もう2.00に交換することはないかな。

トップ > 自転車の話 > Cannondale RIZE4 > フューリアスフレッド2.25インチに交換
フューリアスフレッド2.25インチに交換 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS