ポータブル電源での充電テスト

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > ポータブル電源での充電テスト
2019.09.30

実際に使うシーンがあるかはビミョーだが、、、
一応、suaoki G500でTRS2のバッテリー充電をテストしとく。

バッテリー残は3メモリ表示。
実際は2メモリちょいな感じ。
(5メモリ表示では分かりにくい...)

充電開始。
まー当然だけど何の問題もない。
G500のACは定格300Wの正弦波。
充電器側からみると商用電源と同一。

G500はフル充電状態から開始。
ACの負荷表示は168W。
少しするとG500の冷却ファンが回り始める。

BESV充電器もかなり熱を持つ。
現在の技術では仕方ないらしい。
壊れない設計だとは思うが気持ちよくはない。
充電中は携帯ファンで風あてるようにしてる。
そよそよと風が当たってるだけで冷却効果大きい。

充電完了。

G500の残量は残りわずか。

ざっくり考えて、G500側の340Whぐらいのエネルギーを使って、TRS2バッテリーに280Whぐらい詰め込んだ感じ。

AC効率や熱損失、冷却ファン損失、BESV充電器の熱や変換損失などモロモロで60Whぐらいか。
まーそんなモンかな。
移し替えるようにはいかん。

半日走った後に補充電する、って用途ならギリセーフって感じ。

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > ポータブル電源での充電テスト
ポータブル電源での充電テスト COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS