2002 13th SSER Group-N

トップ > オフバイクとラリー > 2002 13th SSER Group-N
とにかく2002年は大変でした。なんと言っても久万は前日の夜から雪(みぞれの様な)が降り続き、朝起きると少し積もってました。おまけに午後まで断続的に雨が降るという状態で、最悪の路面コンディションでした。


積もった上に気温が低かったからか、凍り付いてました。


車検は問題なく通過




ビックオフもかなりエントリーしてました(写真撮り損ねたけどGS勢が多かった)


昼過ぎから少し天気は回復したものの、むちゃくちゃ寒い


ライダーズミーティング。ガストンライエさんが英語でなにやら言ってました(^^;


暗くなりかけてからスタート


おなじみのSSスタート待ち。年々、スタート待ちは短くなってます


リエゾン途中の自販機でホットコーヒー飲んで一休み


8つのSSをなんとか走りきり、ふるさと村へゴール


今年の晩飯は炭火焼き肉が復活。しかも肉が増量



今年のGroupNはコース設定も厳しかったですが、路面コンディションが凄かったです。なんせ雪が積もってるとこを走ってかき回してるので、路面はドロドロのぐちゃぐちゃ。モロクロスコースを強引につなげた特設セクションは、ものすごいことになってました。何度アフリカツインをひっくり返したことかわかりません。しかも、ボロボロになりながらも、やっとCP100の旗が見えたと思ったら、なんとそこは昨年のプロローグとSS5の最初に使われた狭いガタガタ急角度を下った場所…。上りきるとゴールというとんでもない設定でした(オイオイ)。

250ccクラスでも上がりきれない様で、途中からスタッフが引っ張ってました。下で待ってるバイクがちらほらいるものの、力つきてるのかアタックする気配なし。一通り『先にアタックするよ!デカイので塞いじゃうよ!いい?』と聞いて、どうぞどうぞ、ということだったので遠慮なくアタック。じっくりとラインを見定めていたので、あとちょっとの所までは駆け上がれましたがリアが流れて、そのまま深い轍の中へズルリ&ドカン!。そっからスタッフ2人に補助してもらって、なんとか残りを上がれました。

SS1のミスコース(渓流の中につっこんでもがいた)と、特設コースでの数限りない転倒がひびいて、結果は総合でビリでした。でも、個人的には完走できただけで満足ですね。ちょっと間違えばリタイアでしたから。
2002 13th SSER Group-N | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS