バック&フロントカメラ

トップ > 車の改造 > Pajero V75W > バック&フロントカメラ
パジェロに乗り換えて一番に思ったのは、後方視界が悪いこと。元々、ストラーダーやプロシードなど巨大な車に乗っていたのですが、ピックアップトラックの後方視界は想像以上にいいんです。ストラーダには巨大なシェルを装着してましたが、後方は筒抜けで見え、荷台のアオリから下が死角になるだけでした。ワゴンボディになると、運転席から遠い位置のバックドアにあるガラスエリアから見える視界が全てで、どーにも恐くて仕方ありません。
これじゃ危ないということで、バックカメラを装着しました。純正のバックカメラシステムがモノクロなので、その上を目指してカラーカメラをチョイスし、バックドアの上に装着。

カメラを素直に下に向けると位置的にスペアタイヤが邪魔になります(写真は下に向けた状態)。今はもう少し上に向けてスペアタイアが少し映る程度の角度にしてます。その方が車直下は見えないものの、後方状況としては把握しやすい様です。

で、普通はバックカメラで終わりですが、それだけじゃ面白くないので、さらにもう一歩踏み込んでみました。運転席から見て後方の次に大きな死角となるのは、フロント左タイヤ付近。クロカン系の車はボンネット位置が高いため、かなりの死角になります。ここをカメラ映像で見れないか考えてみました。

頭を悩ましたのは、カメラ装着位置。流線形のボディが災いしてボディにカメラを装着したのでは角度的にタイヤ付近を見ることができません。もっと外側に出ている場所は無いかと車を眺めた結果、おぉ!あった。サイドミラーは外に飛び出してます。ここに装着できればタイヤ付近も範囲に入りそうです。

ミラーは稼働するので、配線の取り回しには苦労しましたが、こんな感じに装着することができました。ちょっと不格好なので、今後の課題はミラーに内蔵することですね(ミラーのバラシ方が難しそうなので、時間がかかりそうですが)。

見える範囲はこんな感じです。車の左側に物が無いかを確認できるのはもちろんのこと、タイヤ位置を路肩ギリギリにするような離合でも安心して寄せれます(狭い林道での離合では、この上ない安心感があります)。

ミラーは倒せるので、倒すと横が見えます(笑)。実用性はゼロに近いですが、運転席からは死角になる真横の下の方も見えるので、もしかしたら使い道があるかも知れませんね。


トップ > 車の改造 > Pajero V75W > バック&フロントカメラ
バック&フロントカメラ | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS