停電でサーバーをバックアップ

トップ > 工具と道具 > EcoFlow RIVER Pro > 停電でサーバーをバックアップ
2021.09.13


夏場に台風の影響で停電した。瞬電ではなくそれなりの時間停電。復帰して一安心したらまた停電という厄介なパターン。電柱のエリアで影響が違うのかすぐ近所でも半日ぐらい停電し続けてるとこもあった。

うちには24時間運用のサーバーマシンがある。UPSは装備してるがバックアップ可能なのはせいぜい30分。本気の停電時はUPSが耐えてる間に発電機かポタ電をつなぐ想定にしてる。今回はRIVER Pro+エクストラバッテリーをUPSの後ろに繋げてカバーした。ネットワーク機材を含めて半日ぐらいは動かせる。

壁電源が一時的に復帰する断続した停電ではRIVER ProのUPSもどきの機能が役に立つ。RIVERはAC入力が入ると出力は入力と直結になり、壁コンセントから直接出力へ供給される。それと同時に入力電力を使ってバッテリーの600W高速充電がはじまる。再度停電するとバッテリー電力からのAC出力に切り替わる。

これを自動でやってくれる。ただし、切り替えは30msぐらいの時間差があるのでシビアなUPSとしては使えない。PC系を動かすには0ms切り替えのUPSの後ろにRIVERをつなぐ必要がある。長時間停電ではバッテリーを使い尽くすと終わりなのでポタ電の後方バックアップとして小型発電機が必要になってくる。

うちはポタ電が無い時代から停電対策用に900W発電機を用意してる。最初から発電機使うことも可能だけど発電機って準備とか片付けに手間がかかる。燃料確認してエンジンかけて状態整えて、、、長時間停電じゃないと用意する気にならない。そこそこの時間を即バックアップできるRIVER Proはホント便利。

トップ > 工具と道具 > EcoFlow RIVER Pro > 停電でサーバーをバックアップ
停電でサーバーをバックアップ COPYRIGHT 1996-2021 E-NAYA
Powered by WPMS