プルダウンベッドの作成

トップ > トラベルトレーラー > プルダウンベッドの作成
寝れる数を増やす為にプルダウンベッドを作ります。

できるだけ重量を抑えて強度を確保したいので、ベッドボードはスタイロフォームを間に入れたサンドイッチ構造です。

ベッドボードはスコッティの天井形状に合わせて折れ曲がった状態で格納する必要があるので、700mm幅と220mm幅のボード2つで構成します。

写真は700mm幅の外枠を作ってるところ。

こっちは220mm幅のボード。
2.4mmベニアと胴縁を30mmに削り込んだ角材を使います。

中にスタイロフォームを入れ木工用ボンドで接着。
上から2.4mmベニアを被せ、それも木工用ボンドで接着し、サンドイッチ構造にします。

ボンドの完全硬化には数日程度かかります。

完成したボードを蝶番でガッチリつなぎ、ベッド面にウレタンなど各種クッション材を積層し、布を張ってタッカーで固定。

布は普通に素材で買うと高いので、安売りのマットレスカバーを裁断して使いました。

このボードは長い方の端5cmを支えた状態で大人がのると真ん中で15mm程度しなります。強度的には問題無いですが、しなり自体が気持ち悪いので空間に浮いた側になる方をアルミのL材を追加して補強しました。

スコッティに取り付け。

固定用のステーとか蝶番を付ける部分の補強とか、凄い量のお膳立てをしました…。

ベッドサイズは1860mm×920mm、高さは高い部分で500mm。
高さが500mmと狭めですが大人でも寝れます。
子供なら2人でもOK。
転落防止用のネットが必須ですけど。

高さを500mmとしたのは理由があって、この状態で下側に作る予定の床からベッドボード裏までが900mmになります。
つまり、プルダウンベッドを出してる状態でも、下には大人が座って寛げる空間が確保できます。

格納状態。

天井の形状に合わせてピッタリと格納できます。
ベッドボード裏にクロス貼れば言わなきゃベッドだと気づかない感じになるかな。

おまけの便利棚モード。

奥の狭いボード部分のみ天井に密着した状態で、700mmのボードが丁度水平になる位置でも固定できる様になってます。
この状態だと寝袋や着替えをとりあえず放りこめる棚になります。

トップ > トラベルトレーラー > プルダウンベッドの作成
プルダウンベッドの作成 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS