トイレ&シャワールームの床を改良

トップ > トラベルトレーラー > トイレ&シャワールームの床を改良
ちょっぴりだけど、トイレ&シャワールームに手を入れました。
これが元の状態。

床はプラスチックの一体型ですが、この高さが微妙。

トイレに座ると座面が高すぎ(床が低すぎ)。

さらに、このプラの床はカッチリしておらず、足で踏むとグニャグニャと歪み、安心感がありません。


床のかさ上げを兼ねてスノコを作りました。

材料は下地用の檜の荒材。

カンナかけてピカピカにし、節の無い部分を選んで面取りして使ってます。材料は安いけど手間かかりまくりです。

スノコの上に立つと、加重がスノコの足全体に分散されるので、グニャグニャせずにカッチリした床に化けました。

高さの問題も解消されて、取りあえず使えます。

この部分の内装はこれから、って感じです。

デッドスペースが多いので、うまく防水タイプの収納を作り付けて空間効率を高めたいところです。

トップ > トラベルトレーラー > トイレ&シャワールームの床を改良
トイレ&シャワールームの床を改良 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS