窓際の棚を作成

トップ > トラベルトレーラー > 窓際の棚を作成
窓際に棚を作りました。

この位置はヒッチ加重に直接影響する場所なので、限界まで軽量化を考えた棚を作ります。
最小限の角材で棚フレームの寸法出しをします。

材料は、胴縁を細く縦割りしたモノと、一部には軽量化の為にファルカタを使ってます。

位置関係を微調整しながら、ピッタリになる様にフレームを調整します。

※トレのボディは微妙に歪んでるので、ピッタリに作るのは難儀します。

角材フレームだけではクニャクニャです。

これにスタイロフォームを入れ、上下に薄ベニア(上面はプリントベニアを使用)を接着することで、超軽量で強度のある棚板にします。

床面やトイレドアと同様な贅沢なサンドイッチ構造です。
(こっちの方がフレームが軽量)。

取り付け。

十分な強度を確保できました。

当然、むちゃくちゃ軽いです。
ヒッチ加重への影響はほとんどナシ。

棚の縁には、これまた胴縁を削り込んで縦割りした角材を取り付けて、置いた小物が落ちない様にしています。

当初の予定では、この棚の下にも棚板を入れて小物置きにする予定でしたが、床面積(特に寝転がった状態の)を最大限に確保することを重要視した結果、窓枠より下には何も作らない方がベター、という結論になりました。

実際、この棚下部分に大人が横になれます(奥へ引っ込んでるるので空間としては大きいです。横方向は186cmあるので楽に足をのばせます)。

ちょっとした空間ですが、狭いトレの中ではかなり効きます。

トップ > トラベルトレーラー > 窓際の棚を作成
窓際の棚を作成 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS