ドアマン装着

トップ > トラベルトレーラー > ドアマン装着
スコッティのドアは単に蝶番で止まっているだけなので、開け閉めには何の抵抗も制限もありません。これが結構危険で、強風時に風に煽られてドアが急に閉まったり、中から開けた時に一気に開ききってしまったりと、結構ヤバイ状態になります。大人は気をつけるので大丈夫ですが、子供が強風時にドアに指でも挟むと大ケガになります。

何か対策せねば、と思っていたときに小型のドアマン見かけたので、思いつきで購入し強引に装着しました。
ドアの手前に網戸があるので、網戸の枠に強引に取り付けました。

ドア幅が狭いので、ちょっとドア開けるのが重くなりました。指定よりも蝶番に近づけた方がいいみたいです。どのぐらいズラせば丁度いい重さになるのか不明なので、取りあえずはこれで様子見。

ドアを90度以上に開けるとロック機構が働いて、その位置を保持できます。これが非常に便利!結構な強風が吹いても勝手にドアが閉まらないので安全です。

異常な突風でドアが動いても、ダンパー機構でゆっくりとしか閉まらないので勢いよく指を挟む事もありません。

網戸側にドアマンを付けた弊害として、外からドアを開けようとすると、ドアマンの抵抗でドアと網戸が離れてしまいます。

ドアと網戸はマグネットでひっついているんですが、ドアマンの抵抗に耐えれずに、マグネットが離れて一旦ドアだけが開いてしまい、網戸はそのままって状態になります(ドア開けて、その後に網戸枠を開けて、という2度開けになる)。

非常に面倒なので、網戸とドアをロックできる様に改造しました。


トップ > トラベルトレーラー > ドアマン装着
ドアマン装着 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS