SCOTTYとは

トップ > トラベルトレーラー > SCOTTYとは
元オーナーさんが、トレーラーを乗り換えるということで、今まで使ってきたSCOTTYをどうしようか、と言っている話を見かけ、最初は単にSCOTTYがどんなトレーラーか知りたくてWeb上で検索してみました。しかし、日本のサイトには情報がまったくありませんでした。解らないと余計に興味が沸くもので、元オーナーに直接メールして写真を見せてもらいました。

すると、そのトレーラーは私が前の年に福井県へパジェロで出かけた時に、途中の道の駅で見かけたのとよく似てました。トラベルトレーラーはキャンピングカーショーとかで見ることはあっても、実際の路上で見かけたことは一度も無かったので妙に印象に残っていたのです。似た様なトレーラーが沢山あるのかな?と思いきや、なんと、そのとき見かけたのは、このスコッティそのものでした!。これは何かの縁だと思い、交渉して安く譲って頂くことになりました(安く、とはいうものの、私にとっては非常に高額な買い物でお金の工面に苦労しました(^^;)。



肝心のSCOTTYというトラベルトレーラーの謎ですが、海外サイトを色々調べた結果、これはアメリカのSERROというメーカーが1990年前半に製造した全長の短いタイプのトレーラーということが解りました。本国のトレーラーは右エントランスなので輸出用に左右を逆にして製造したモノだと思われます。SERROは1997年に工場火災で廃業となっていますが、かなり老舗のトラベルトレーラーメーカーだった様で、古い時代のトレーラーはプレミアムトレーラーとしてレストアされている様です。
※工場火災で廃業後、SERROは特殊車両製造の会社として再建していました。

このSCOTTYは、最初から本来のトラベルトレーラーとして使う為に日本にやってきたワケではなく、バブル時代にテーマーパーク内に設置して宿泊用に使う為に商社が輸入したそうです。後に車関係の業者が公道を牽いて走れる様に日本の法規に合わせて改造し、それを元オーナーが購入した、という経歴です。
※配線などに当時の苦労の後があります(かなり強引な加工ですが…(^^;)

写真は、元オーナーから受け取った直後のオリジナル状態のモノです。


製造から15年は経過してると思われる古めのトレーラーですが、装備そのものが古いことを除けば、トラベルトレーラーとしての実用性は非常に高いです。これには正直言って驚きました。

80Lの清水タンクを装備し、60L近いグレータンク、トイレは水洗でもちろん大容量のブラックタンクもあります。清水は加圧ポンプで水圧がかけられ、シンクやシャワーは家で使ってる様な感覚で水が出ます(蛇口もバカでかいし(^^;)。窓は小さめですが3面にあるため風の抜けがよく、開閉具合を調整することで雨でも開けておけます。冷蔵庫に四つ口コンロ、ガスヒーター、ガスボイラー(ちょっと操作性に難アリですが…(^^;)。構成的にはまったく古臭さを感じません。

さすがに各所の細かい作りはアメリカンテイストの雑で無駄だらけな感じですが、そういう部分はDIYで改造できるので問題ナシです(^^)。

トップ > トラベルトレーラー > SCOTTYとは
SCOTTYとは | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS