グレータンクの換気口を修理

トップ > トラベルトレーラー > グレータンクの換気口を修理
フレームクラックを補修して一息ついた頃、季節外れの低気圧で大荒れの天気に…。
台風並みの暴風雨が吹き荒れました。

で、その後、トレに入ってゴゾゴゾしてて、冷蔵庫上の収納部分に小物を入れたら『びちゃっ』って音が…。収納部分が見事に水たまりになってました…。

一体、どこから雨漏りしたのか?
外と繋がっているのは1カ所。この収納角の部分にグレータンクと繋がるパイプ(換気用)が通っていて天井に出てます。可能性としてはこれしかなさそう。

たしかコーキングは痛んでなくて、さらに上から補充したはず…、またもや嫌な予感。
鯉のぼりに見られながら、トレの天井に上って作業。

黙々とコーキングを剥がし、錆びてワケのわからなくなったインチネジを沢山外します。
(ステンレスネジ使ってくれ〜!)

コーキングは元々のやつが、カチカチになってて上から補充してたものの、隙間から水が入りそうな感じになってました。

が、もっと大きな問題が…。

コーキング剥がして、パイプのカバーが外れたところ。

天井のアルミ板とパイプの間に盛大な隙間があります。
先端のカバーが問題無ければ、ここに隙間があっても雨水は入らないのですが…、今回はカバーに問題が発生してました。

外したカバー。

見事に割れてます。ここから大量の雨水が入り込んだ様です。入った雨水はパイプと天井アルミの隙間から盛大に漏れて、すぐ下の収納庫を水たまりにした、という感じ。

本来ならカバー交換したいことこですが、入手が面倒なので(同じ物が手に入るか不明だし)、割れた部分も含めてコーキングすることで対処。

パイプと天井アルミの隙間をエアコンパテ&コーキングで完璧に塞いでから、カバーを被せて(むろんステンネジで固定)、割れてる部分も含めて完全にコーキング(ほとんど上まで被さる様にコーキングした)。

これで当分は大丈夫でしょう。

トップ > トラベルトレーラー > グレータンクの換気口を修理
グレータンクの換気口を修理 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS