3回目のユーザー車検

トップ > トラベルトレーラー > 3回目のユーザー車検
2011.6.2

スコッティを入手して3回目の車検。
当然ながらユーザー車検です。

香川運輸支局へ行き、書類を購入。
  • 継続検査申請書
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車検査票
  • 自家用貨物自動車等点検整備記録簿
前回と同じく、35円でした。



さて整備。

まずはフレーム周りの点検と塗り直し。

Aフレーム周りはケーブル全部外して、異常がないか確認してから塗装。
以前クラック入ったところも補強のお陰で問題なし。
あとは下に潜ってハケでぬりぬり。

ドラムブレーキ周りの分解整備。

タイヤ交換した時に少し掃除したので奇麗です。

中もグリスも奇麗なまま。ハブベアリングも問題なし。
ブレーキシューもほとんど減ってない(動く頻度が低いからなぁ)。

過去にブレーキ引きずりの原因になったリンクの部分は念入りにチェック。
分解したけど、ピカピカのままで何の問題もなし。

各所、動く部分やこすれる部分をグリスアップ。
ハブベアリングは前回同様に車体側は外さないままグリス追加。
(汚れてないし減ってもないけど。シールも問題なし)。
外側のはグリス奇麗なままだけど一旦洗浄してから再グリスアップ。
ブレーキシューの開き調整は当然同じ位置になった。



近所の車屋さんで自賠責保険に入ります。
24ヶ月で、5100円でした(20円下がった?)。



車検の予約はWebから
(なんかシステム変わったらしい)

検査予約システム
(パスワード入力時に・表示にならないっていいのか…?)

今回は昼前に確認したら、当日の午後がまだ空いてたので予約。




午後は13:00〜なので、少し前に香川県陸運支局へ。
当日に予約できるだけあってガラガラ。

今まで連結状態で止めにくいから朝一番で持ち込んでたけど、よく考えたら空いてる午後の方が楽だった…。

書類チェックは問題無し。
検査手数料1800円、重量税12600円の印紙を購入。
(年数によって重量税が少し安くなったららしいけど、18年経過してるので昔の額だった)

ガラガラの検査ラインへ。

ラインに入る前の部分で灯火類のチェックと、今回もフレーム刻印の確認。
さて次は駐車ブレーキ検査かと思ったら、中を確認します、ときたー!

とうとう香川でも厳しい検査になったかと思ったら、ドアからチラッと中みただけで終わり。
キャンピング設備があるかどうか黙視で見るだけの様でした。
(厳しくチェックされても問題ないので困らないけど)

で、問題の駐車ブレーキ検査はすんなり合格。
よかった!(これだけが心配事項)

下回りもチェックも問題なし。

窓口に戻って書類を渡すと新しい車検証が発行されました。


今回かかった費用は、
書類代
自賠責保険
重量税
検査手数料

合計
35円
5100円
12600円
1800円

19535円
でした(前回より20円ダウン)。


トップ > トラベルトレーラー > 3回目のユーザー車検
3回目のユーザー車検 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS