充電式草刈機(マキタ MUR368ADG2)

トップ > 木工や工具 > 充電式草刈機(マキタ MUR368ADG2)


マキタの充電草刈機、MUR368ADG2を導入。

36VバッテリーのMBC231DWBXを使い始めてから9年。
まだ使えるけど作業効率として新型を導入するべきだと判断。

9年で流れは変わった。
36Vバッテリーは下火。
代わりに18Vを2本で36V駆動する方式が増えた。
そして後ろはバッテリーのみ、草刈り部分に直接モーターが配置される。
シャフトでの動力伝達が無いのでエネルギー効率アップと軽量化。

バッテリーも18Vを2個使うが、容量が違う。
以前は36V-2.2Ahの79.2Whだった。
18Vは6Ahもある。2個で216Wh。
2.7倍の容量アップ。

そして純正バッテリーのみの状態から互換バッテリーが豊富に出回るようになった。
18V6Ahが2個で7500円程度。
同じ容量を36Vバッテリーで買うと5.4万。
いい時代になった。

性能は申し分ない。
回転音は静か。シャフトが無いので振動もほとんどない。
パワーはありすぎるぐらい。
ハイパワーすぎてナイロンコードの消耗が早い。
重量が軽いので肩掛け負担もだいぶ少なくなった。


残念なのはナイロンコード用のガードがショボくなったこと。
ほどんとガードにならないので自作した。
これでも刈る角度によっては弾いた石が大量に飛んでくる。
状態を確認しながら何度か作り直すつもりでいる。

もう1つ残念だったのは充電器。
2個づつ充電するタイプだが消費電力が大きい。
G500では駆動できなかった。
ただ、互換バッテリーが安いので数を揃えれば問題ない。
現地充電せずに運用できる方が実際のメリットは大きい。

MBC231DWBXの最大の問題は夏場のオーバーヒートだった。
真夏をこえないとわからないが、モーターの極端な加熱はないので期待できるか?

何度か草刈りした感じでは効率はかなりアップ。
深い草でのストレスが大幅に減った。
その代わりナイロンコードの負担は大きい。
じゃんじゃん消耗する。
作業効率はいいのでヨシとする。





トップ > 木工や工具 > 充電式草刈機(マキタ MUR368ADG2)
充電式草刈機(マキタ MUR368ADG2) COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS