卓上丸ノコ(リョービ TS-255)

トップ > 木工や工具 > 卓上丸ノコ(リョービ TS-255)

リョービの卓上丸ノコです。2001年末に入手しました。

255mmの刃がついているので、ほとんどの角材が一発で切断できます(2×4材なら2本まとめてカット)。

これを手に入れるまでは、すべて電気丸ノコでカットしてました。はっきり言って時間の無駄でした。作業効率、正確さ、斜めカット、木屑の集塵、etc。角材を大量にカットする予定なら最初に購入するべきです。作業効率だけでなく、手持ちのマルノコに比べれば危険度も低いです(刃の動く範囲が決まっているのでマシ)。

スライド丸ノコを入手してからはめっきり使用頻度が減りました。ただ、スライド丸ノコの方は216mmの刃なので、90mm角の角材を一発で切る場合はこいつの出番になります。

トップ > 木工や工具 > 卓上丸ノコ(リョービ TS-255)
卓上丸ノコ(リョービ TS-255) | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS