ボトルエリアを追加改良

トップ > 自転車の話 > COHO XC > ボトルエリアを追加改良
2020.12.8


ボトル4本を搭載して使ってみた
走行に大きな支障はないがフレーム上ボトルが気になる。
重心高くなる上に端に位置するのでロール方向の慣性も増える。
細かい部分でも気になるとこがポツポツと。

十分に実用範囲なので普通は問題にしないと思う。
でも趣味は自己満足の世界。
満足してないのに妥協したら負け。
納得するまで徹底的に追求する。


まずはデッドスペースに設置したボトルケージ。
床面の湾曲部分に干渉して斜めに寝た角度になってた。
その関係でボトル下がバッグ側に干渉。
バッグ内に飛び出てスペーツ効率が悪い。


床板に穴を開けてボトルケージの干渉部分を逃した。
だいぶ立った角度に修正。


角度が立ったことでデッドスペース内にほぼ収まった。
ちょっとの改良だけど重要。
これでバッグ内空間はフルに使える。


そして底重心な位置にケージマウントを作成。
Lアングルをカットして制作。
厚めのスチールなので激しい振動でも耐えるはず。


これを両側に装備。
厄介だったのはサスリンクのシャフトを抜く時の位置関係。
スレスレで干渉をかわして抜けるように調整した。
考え無しでやるとシャフト抜けなくなるので注意。


下はCOHO XCの床とほぼ同じ位置。
激しい場所でも引っ掛けることはなかろう。
ギリギリの低重心。


ボトルが飛び出さないようにゴムストッパー装備。
押しつけ効果で一体化するのでボトル底も痛まない。


4本搭載するとこうなる。
重心を考えた位置関係としては理想的か。


リアビューもまずまず。
ボトル蓋の色がマチマチなのが気になるな。
600mlで揃えないといかんので入れ替わるのだが。
とりあえず理屈的には納得の範囲。
あとは実走して微調整。

トップ > 自転車の話 > COHO XC > ボトルエリアを追加改良
ボトルエリアを追加改良 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS