Jetstream XPの印象

トップ > 自転車の話 > dahon Jetstream XP > Jetstream XPの印象
2011.10.30

元々、高い自転車には興味も無ければ知識もありません。
今までは14年ぐらい前に14,800円で買ったMTB風の格安自転車を調子悪いながら乗ってました。

これが素晴らしくオンボロで、もの凄く重いし、ペダル軸は歪んでるし、あらゆる回転部は渋いし、ギアは調整しても不調でチェーンがすぐに外れる(^^;。まー、重いから運動にはなるだろ、という感覚で近場の用事に時々利用って感じ。

そんな素人のところに、ダホン Jetstream XPがやってきました。

(最初は泥よけが付いてました。今は外してます)

まず、妙に軽い。フロントのスポークも大丈夫か?って思うほど少ない。
タイヤの空気が抜けてる状態だったので空気入れようとすると、見たこともないバルブが付いてる!
(フランス式バルブというものを初めて見た)
試行錯誤しつつ、一緒にやってきた携帯用のミニポンプで適当に空気入れて試走。

なんかハンドルふらついて乗りにくい、手放しはおろか立ちこぎも難しい。
でも、走りは軽くてギアの感じもカッチリ、さすがに安物自転車より楽だなー、という感じの印象。
が、その時は、タイヤの空気圧がかなり低かった(たぶん3気圧よりずっと低かった)。
色々見るとこのタイヤは6気圧入れて使うらしい。

空気圧を上げてみた。
走行感は固い感じになったものの、走りが凄く軽い!
路面状態が奇麗なところでは簡単にスピードが上がる。
今まで乗ってた自転車とあまりの差にビックリ。
こりゃ楽だ。


jetstream XPには24速(3×8)のギアがあります。
MTBモドキも21速(3×7)のギアがあったので似た様なモノだと思っていたのですが、まるで別物でした(^^;。

構造的に後輪ハブに3速分が内蔵されていてチェーンでの切り替えじゃない、という凄さは理解してましたが、それ以前にギア比が違いました。かなりワイドレンジで一番軽いギアはかなりの勾配をゆっくり上れるぐらい軽く、逆に一番重いギアは信じられないぐらい重いです(ペダルをクルクル回せる脚力があれば50km/h以上出せるギア比らしい)。

で、そんなに凄い走行性能なのに、10秒で小さくたためます。



車に乗せるために折り畳み自転車が欲しかったので、この手軽さには感動です。

当然ながらMTBもどき自転車はお蔵入り。
完全にダホンがメイン自転車になり、距離走っても楽なことからグンと行動範囲が広がりました。
自転車好きが身近にいることもあって、色々とハマりそうな気配…。

トップ > 自転車の話 > dahon Jetstream XP > Jetstream XPの印象
Jetstream XPの印象 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS