トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 涼しいかな?と思って霧の高原へ登る

涼しいかな?と思って霧の高原へ登る

2018年 06月 03日


思いつきで霧の高原に登ってみる。
取り付きはメインルートとは違う場所。
最初から秘境感満載。


いっぱい分岐があって迷いやすい。
基本的には標識に頼るのが正解。


すごい場所に棚田発見。
目眩がする田んぼ形状だ。


標識ルートを外れて距離の短いマイナールートを行く。
ずっと狭くて車の離合は不可能。


単なる激坂の狭い道だと思ってたら
途中から王滝の続きになった、、、
もはや戻れず。
押しを入れながら前進あるのみ。


鳥のさえずりが聞こえる良い空間だけど傾斜はキツイ。
地図ではすぐ高原だけどジリジリとしか進めない。


過酷道を抜けたら霧の高原だった。
高いとこ来た、って感じの風景。
標高は1000m近い。


いい感じの緑の中を走る。
見えてる一番高いとこが1043m。
木が無いのは山焼きをするから。
なので緑の部分は草。


モーターパラグライダーが飛んでる。
発着場があるようだ。


時間余裕あったらトレッキングも悪くないな。
今日はちょっと雲が出て薄曇り。
晴天の時にまた来たい。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 涼しいかな?と思って霧の高原へ登る
涼しいかな?と思って霧の高原へ登る | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS