トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 春会期限定の沙弥島へ

春会期限定の沙弥島へ

2019年 04月 27日


寒気が寄ってきて春先ぐらいの気温に逆戻り。
気温よりも風がなぁ、、、冷たい強風北風。
でも空はまずまず。雲はあるが基本的に太陽出てる。

今年のGWは天気がスッキリしない。
太陽出てる日は貴重なので大事に使って瀬戸芸巡り。
まずは春会期限定の沙弥島を目指す。

ルートは徹底的に裏道を駆使。
ほぼ表通りを使わずに瀬戸大橋の付け根まで行く。
その方が北風も防ぎやすい。


幹線道の橋を見つつ裏道走行。
いつもはあれを走ってたが楽しくない道。


北風強いなぁ。
海の色はいいが白波たってる。


沙弥島に近づくとノボリがずらっと。
テンション上がる!
少し手前で道間違えてフェンスで行き止まりに迷い込んだのは内緒。
瀬戸芸スタッフの人が通り抜けゲート開けて通してくれた。感謝!


今年は島弁あり。
期間で変わるらしいが今日は岩黒島のちぬ飯。
お茶付きで500円と良心的な価格。


弁当食べてたら切腹ピストルズが練り歩いてきた。
この鐘と太鼓が好きなんだなぁ。
ほぼ特等席で鑑賞。


そらあみ。
見る角度で印象が大きく変わる。


順光で斜めに見ると鮮やか。
風になびくといい感じ。


とっても印象的な見え方だった。
何かのフィルター経由で外見てる状態かな?


塩で造形してるっぽい。
同じ場所に色々作品あり。


良い天気だ。


小腹減ったのでおでん。
1本100円とこれも良心的価格。


鉄製で座り心地はゴリゴリするが、、、


目の前にはこんな景色が。


これで足伸ばして寛ぎつつ見る瀬戸大橋もグー。


ゆっくり見てるとあっという間に夕方。
太陽が傾く中、裏道駆使して帰る。
帰路は追い風なので楽チンだった。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 春会期限定の沙弥島へ
春会期限定の沙弥島へ COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS