トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 晴れ予報なので寒霞渓へ

晴れ予報なので寒霞渓へ

2019年 11月 24日


紅葉ポタしたいと思ってたら自転車仲間から寒霞渓って話が出た。
今年はノーマークだった。
紅葉具合わからんけど晴れ予報なのでゴー。
朝ははどよーんな曇りでテンション下がる。
普通に冬ウェアにしたらフェリー途中で晴れた。
しかも季節外れの強く暑い日差し。
ウェア選択失敗、、、


寒霞渓に向かって登る。
紅葉具合は良さそうな感じ。
上まで15kmぐらい。
標高は軽く700mオーバーで甘くないのだが自転車いっぱい登ってる。
こっちはTRS2なのでスイスイとパスする。
が、止まって写真撮りまくるのですぐ追いつかれる。
抜きつ抜かれつで人力とペースはあまり変わらず。
逆に言うと同じ進み具合で写真撮る時間をたっぷり確保。

激坂でなければ登坂時の足への負担は人力MTBもE-Bikeも変わらない。
適切なギヤに合わせて自分のペダル負荷で回すのは同じ。
違うのは走ってる速度。
だいたい人力MTBの2〜3倍速になる。
当然ながら登ってる時間は半分以下に短縮される。
要するに標高700mオーバーを登ると人力MTBで250m登ったのと同等な足負担。
足は使ってるのだが走ってる時には快適で翌日に疲労感に気づく。
15km/hぐらい出るので走行風が得られて体感的に快適。
景色の動く速さが適切で気分的にも快適。
ポタ派はE-Bikeの方が間違いなく楽しい。


ダム湖。
いい場所なのに誰も写り込まない素晴らしさ。
紅葉目当ての人はほぼ素通りのようだ。


登ってくと道沿いにいい色のもみじ。
色付き甘い部分が少し残ってていいグラデーション。


池に映る紅葉。
ナイスなポイントだが駐車場はない。
自転車が圧倒的に有利。


荒っぽい岩肌と紅葉のコントラストが美しい。


大型バスがY字分岐を逆からUターン。
いや、そこ曲がるか?
何度も切り返して曲がり切った。
待機所の関係で無茶な動線になるようだ。
左へ行くとロープウェイ乗り場。
自走なので右へ分岐。


まぁまぁ上がってきた。
天気いいが空気は白っぽくかすみ気味。
路肩30cmぐらいしかないので止まって写真撮れるのは自転車の特権。
ちなみに交通量は断続的だが結構ある。
車を停車して何かするのは無理。


3色グラデーション。
素晴らしい。


黄色もきれい。


天気さいこー。
季節外れの気温も標高上がると耐えれるので許しておく。


あれを登る。
TRS2ならどーということはない。


逆光の紅葉キラキラ。
遠くには瀬戸内海。
ここでしばらく滞在したい気分。


紅葉の中をスイスイ進む。


いい色だ。
写真撮るばっかりで進まない。


ごはんポイントまでもう少し。
ピーク超えて100mぐらい下がる。
路面は昨日の雨で濡れたまま。
太陽当たらないので乾かんようだ。


到着。
車ビッシリ&人多数で大混雑。
昼ごはん食べれるのか?


非効率で1時間待ちは当たり前だったレストラン。
券売機で買ったらオーダー通ってるタイプになってた。
料理の提供も早くなってて客の回転率は大幅に改善。
待ち時間は10分かからなかった。
メニューに感動は無いが、、、


うーん、ダイレクト。
ネタとして買いそうになった。
綾菊酒造が作ってるのか。
ラベル代がだいぶ高そうだな。


パラソルヒーターに感動。
だが今日はいらん。


ロープウェイは軽く2時間待ち。
まー、待ち時間で紅葉見ると思えば程いいのかもしれん。


山頂付近は若干終わりかけ感。
ちょうどいいタイミングだった。


展望所から。
空気白い&逆光気味。
遠くに見えるのが東かがわ市あたりか。

ロープウェイ近くは人が多すぎて疲れる。
紅葉を引きで撮るのはぼ不可能。
かならず人が映り込む。


人混み離脱。
西へ向かう。
下りだがその後に登り返しがたっぷりある。
路肩にはカラフルな落ち葉がどっさり。


今回はPSA1を貸し出して登坂勝負してみた。
初めてTRS2で並走したがPSA1の方が速かった。
静かなのにワープするような追い越し加速を見せる。
規制値までのマージンの差がだいぶ効いてる。
それに加えてPSA1のリニア感の薄い出力制御が不思議な加速感を出してる。
TRS2のE8080は超リアルなアシストなので並走すると違いが面白い。


777mの四方指から四国方向。
もやってる感じがまるで絵画のよう。


18%が3.5km続く狂った激坂区間を下る。
自転車はディスクブレーキ必須。
ブレーキかけつつも爆走状態になる。


紅葉トンネルを走り抜けてしまったので途中からUターンして18%を登り返してみる。
速度は10km/hぐらいだけど問題なく登り続けられる。
こっち方向からでも寒霞渓行けるな。
超激坂でもやっぱりPSA1が速かった。


岩と紅葉。
飛び出してるとこが落ちてきそうでドキドキする。


普通傾斜の下り。
快走だが途中でものすごいヘアピンあるので注意。
あと猿もよく出るので停車時は小物盗られないように。


だんだん傾斜緩まって平地が増える。
そうなるとPSA1は鉛のように走らない。
走れそうな道なのに走らない感は気分的に効いてくる。
その辺がPSA1の大きな欠点。
路面綺麗な平地が多いと死ぬ。
快適なのはゴーストップ多い街中か平地のない山。
元々速度が出ない場所ならごまかせる。
寒霞渓ポタぐらいならセーフ。
PS1だと少しはマシなのかな?


あれで帰る。
当然ながら車満載。
ドア開くのか?みたいな間隔でビッシリ。
自転車と車の空間もギリギリ。
この時期は舐めてかかると自転車でも積み残される。


瀬戸大橋に沈む夕日。
今日も良いポタだった。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 晴れ予報なので寒霞渓へ
晴れ予報なので寒霞渓へ COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS