トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 東の方の林道を探検

東の方の林道を探検

2019年 12月21日


東の方にある謎の林道を伝授してもらった。
道が荒れ始めた先は未開拓らしい。
こういうのこそE-MTBの出番。
調査&探検に行く。

現地までは裏道ざんまい。
できるだけ初めての怪しそうな道へ入り込む。
この楽しさを知らない人は人生を損してると思う。


まー、怪しい道とは言ってもGoogleマップに載ってる。
車が通れない細い道も載ってる。
経路探索すらやってくれる。

が、何にでも例外はある。
ごくごく稀に載ってない道もある。
そういうレアな発見が楽しい。


これは、、、コキアか?
最終的にこうなるのか。
確かにホウキっぽい。
しかし密集ぶりがすごいな。


幼児が軽々と背負ったという言い伝えの岩。
すごい場所にお地蔵さんがいる。


ちょっと怖いやつ。
車のタイヤ通った跡あるな、、、


冗談のような細い道。
でもこの先に家があった。
車通れるのか。


2.5mが広く感じる。


離合はできないが普通の道。
四国のみち基準では広く感じる。
車では入らん方がいいけど。


だいぶ上がった。
そこら中に猿がいてビビる。
逃げてくれるからマシだが相当数いる。


木の上にも猿。
ガサガサ音の方向見ると猿がいる。
この辺に集中して生息してるようだ。


山を越えて東側へ。
腹ごしらえにダムカレー。
香川県初のダムカレーらしい。
味はまずまずだがダムの表現はもう一工夫欲しい。


食った後も裏道へ。
アップダウンまみれで人力だと心折れるやつ。


道路に苔が生えてる。
交通量は極端に低いようだ。
当然ながら1台も車と出会わない。
それ以前に人にも自転車にも出会わないんだが、、、


重要文化財の古い家。


この離れが味があるな。
屋根の苔具合がすごい。
戸を開ける勇気はない。


あぜ道トレイル。
無粋な電柱が雰囲気ぶち壊し。


目的の林道を発見。
今まさに使ってる感がプンプンする。
案の定、木を積んだトラックが降りてきた。


林道には必ずある朽ちた放置車両。
地図には載ってないが古くからある道のようだ。


いい雰囲気。


これを積んで下ろしてるようだ。
どこかからチェンソーの音がする。
林業真っ最中っぽい。


先に進むと轍が無くなり一気に荒れる。
ここから先は道幅はあるが車は通れない。
人すら通った気配がない。
路面が荒れてる上に傾斜きついのでCOHO XCはここで切り離し。
TRS2単独でアタック。
路面がデコボコ&ぐずぐず気味で登りにくい。


水が流れて凄いことになってるがダブルトラックの痕跡はある。
このぐらいはE-MTBなら突破可能。


荒れた激坂も頑張ってみたが、、、
ここから先はイバラとか棘系の植物だらけ。
さすがに乗ったままイバラには突っ込めない。
TRS2を放置して歩きで進む。


ダブルトラックの痕跡がずっと続いてる。
傾斜はえげつない。
明らかに車は登れない。
過去にキャタピラ系が通ってた道か?
歩きで進むにも鎌とかいるな。
今日はこの辺で撤退。
また装備品付きで再探検しよう。


疲れたのでコーヒー休憩。
ミニ椅子積んでると座れるのでリラックスできる。
テーブル載せてこなかったのが痛い。


いい時間なので帰る。
天気悪くなった。
結局、あんまり太陽出なかった。


峠道は9℃。
暖かい方か。
林道の方が寒かった。


足湯に寄り道。
生き返る〜。
のんびりと温まる。


薄暗くなってきたので足湯離脱。
あとはいつもの裏道。


今日は珍しくバッテリーをほぼ使った。
残は1メモリ以下。
調子よく朝から山方向へ走ると1本じゃ足らんなぁ。
スペアを本気で検討するか、、、

追記。
林道の先をちょっと空撮した動画。

[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 東の方の林道を探検
東の方の林道を探検 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS