トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 日没時にCF1で精米へ

日没時にCF1で精米へ

2020年 03月17日


日没時にCF1で精米に出かける。
ついでにホムセンで買い物。
この時間帯は車で動くといっぱい時間ロスする。
自転車で信号レスルートを使うと車よりずっと早い。
コメをどっさり積んでもスルスルと21km/h巡航。
実用車はすごいな。
バッテリーはぐんぐん減るけど。


ほわっとした夕焼け空。
今日は天気良かった。
週末がこのぐらいの天気であることを願いたい。


ホムセンでのんびりして真っ暗。
まーCF1ならどーということはない。
カットライン出た強力ライトとテールランプは標準。
まったく困ることなく夜道を走れる。

ブレーキでアシストカットされる機能は線抜いて無効にしてある。
レバー触るとアシスト止まるのがどーにも乗りにくい。
その影響でブレーキランプとしては光らない。
(本来はブレーキレバー連動でテールの明るさが変わる)

そもそもCF1でブレーキ連動する必要性も低い。
テールとして視認性よければ問題なし。
ボロい原付より視認性いい。


ライトはフレームマウント。
というかフレームにビルトインされてる。
ハンドルに影響されないので光軸が左右にふらつかない。
よくできてる。

ただし、この位置にライトあるので前カゴは浅くて実用性低い。
フレームはグローバルな思想で設計されてるので前カゴは考慮してない。
日本用に無理やり前カゴ作ったのでこうなったらしい。
その辺は笑って許そう。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 日没時にCF1で精米へ
日没時にCF1で精米へ COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS