トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 夕焼け狙って海沿いへ

夕焼け狙って海沿いへ

2021年 05月28日

夕暮れ時に気分転換に出かける。雲が多くて空気は白い。ちとビミョーな感じだけど海沿いまで出れば夕焼けのチャンスはある。いつもは山を越えて行くけど、今日は珍しく半島の裾野で向かってみる。平坦路っぽいとこが多いけどアップダウンもそれなりにあるルート。

瀬戸内海は白く霞んでる。気温低めでヒンヤリしてるけど湿度はたっぷり。なんかベタつく。

飛び出た先っぽまできた。西の空は下の方がちょっと明るいか。

赤くなりそうな気配なので2つ目の飛び出しポイントへ向かうことにする。

それなりにアップダウンあり。傾斜緩めなのでEバイク効果はそんなに大きくない。こういう道だと自転車本来の性能が効いてくる。TRS2AMはよく走ってくれる。1.5気圧の2.6インチ幅ブロックタイヤをブンブン言わせながらでも特にストレス感じない。絶対的な速度は遅いけど走行感は快適。

まわりこんで2つ目の飛び出しポイントへ。西の方はじわじわと赤くなってきた。

ほんわかとパステル色に赤く染まった空と瀬戸大橋。

平日の夕暮れ時にここで夕焼けを見れるのはEバイクのおかげ。人力MTBでは時間的にも体力的にも間に合わない。プライスレスな贅沢。

夕焼けは雲と海への反射でカッコイイ感じで終わった。

薄暗くなっていく中を帰る。向かい風をゴーゴーと受けるが関係なし。

走行距離40kmで獲得標高267mだったけどバッテリーは1メモリも減らなかった。使用量は20%未満。当然ながらずっとHIGHモードで走ってる。この辺がTRS2マジック。平地や緩い坂が多いルートだと自転車性能にカバーされてアシストをあまり頼らずに走れてしまう。負荷かけて走ってるわけでもない。頑張ることもなく流して走ってる程度。

同じペースで走ればこのルートを5周回れる計算になる。走行距離200kmで獲得標高1335m。HIGHモードで実際にこれだけ走れる。なにせ平地で無理なく流してると22km/h出てる。シマノが盛大にマージン取ってるお陰でアシストは早々に切れるのでバッテリーはまったく減らない。

これがPSA1だと平地を流して走るためにアシストを使う。ありがたいことにPSA1は規制値ギリギリ狙ってアシスト出力が作られてる。おかげで自転車性能の悪さを打ち消して軽く滑るように巡航速度を確保できる。でも、その代償としてバッテリーが減る。

当たり前の話なんだけど理解してる人は妙に少ない。不思議なこった。

「バッテリー1本で何キロ走れるの?」って聞かれたら、「そーねぇ、獲得標高1300m以内なら、HIGHモードで200kmぐらいかな?ナイトランするならもっと走れるけど」って答えになる。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > 夕焼け狙って海沿いへ
夕焼け狙って海沿いへ COPYRIGHT 1996-2022 E-NAYA
Powered by WPMS