VOTANI Q3の構成と印象

トップ > 自転車の話 > VOTANI Q3 > VOTANI Q3の構成と印象
2020.10.15


VOTANIは国産電動アシストに対抗する低価格の実用系ブランド?って思いがち。
実際、H3もQ3も買いやすい価格なので間違いではない。
でも、根本的に国産の実用系電動アシスト自転車とは方向性が違う。
デザインとか構成が良い意味でグローバル基準。
その上で日本環境に合わせて企画&開発されてる。

H3もQ3もオシャレな実用車。
実用車ではあるがCF1とはフィーリングがだいぶ違う。
CF1はパワーはあるが取り回しが鈍重でポタリングしたいとは思わない。
H3やQ3は普通にポタリングしたいと感じる。
実用車にありがちな鈍重な感じがない。
ロングを走る自転車じゃないけどレジャーとして楽しく走れる。

なにより国産の電動アシストとは見た目の印象が違う。
ダサくなりがちなUフレームなのにパッと見でオシャレ。
先入観のない年寄り連中が見て「うゎ、カッコイイ」と言う。
普通のママチャリデザインでOKな人でも見ると羨ましがる。
デザインの価値って大きい。
(つーか、国産のがダサすぎる)

見た目だけでなくE-Bike要素はBESV技術そのもの。
バッテリーはCF1、JR1、JF1と共通。
トルクセンサーとハブモーターの制御は積み上げた実績豊富。
電気的な部分の技術や考え方はスポーツE-Bikeと変わらない。
用途に合わせて車体構成とセッティングが違うだけ。

こういう考え方はほんと個人的にツボにはまる。
ユーザーが欲しがるモノを分かってる感。
(いったんQ3見たら国産の買えなくなったし、、、)


ハンドルは手前に湾曲してるタイプ。
これが程よいバランスでとても乗りやすい。
H3はややハンドルが遠く感じたがQ3はとてもしっくりくる。
うちの親には高すぎるのでステムひっくり返して下げた。

ステム周りはスポーツ自転車系と同じ規格。
この辺が国産実用車系と大きく違う。
サドル周りもスポーツ自転車系のパーツ構成になってる。
見た目もカッコいいしカスタム範囲が広い。


ギヤは内装3速。
H3とギヤ比は同じ。


シフトはグリップ回すやつ。
この辺もH3と同じ。


チェーンには半透明なカバー。
この辺のセンスもいい。
見た目がクールな上にチェーンが見えるので不調時に確認しやすい。
そしてスチール系のカバーに比べて軽い。


フェンダーも軽量なプラスチック。


アシストは1、2、3、AUTO。
ずっとAUTOで問題なし。
電源入れたら0から始まるのが不満。
切るときまで使ってたモードを覚えてくれよ。


フロントハブモーター。
CF1より静か。
PSA1の2020モーターよりはうるさい。
が、気になるほどでもない。
妥当な範囲。


フロントサス。
H3と同じモノかな?
バネ硬くて動いてる感はない。
ガツンときたときに緩和してくれる役目。


オプションのフロントキャリア。
ちゃんとフレームマウント。
ここはポイント高い。
10kgの荷重に対応。


オプションのリアキャリア。
25kg対応のガッチリしたやつ。

Q3にはサークル錠が装備されてる。
これは実用車には必須。
H3には無いんだなぁ(リヤブレーキがここに付いてる)。


バッテリーはこの中に入っている。
CF1と同じタイプのバッテリーで252Wh。

全体構成と装備を考えると13.2万(税別)は安いと思う。
BESVはサポート体制が強力なので、そういう意味でも安い。

トップ > 自転車の話 > VOTANI Q3 > VOTANI Q3の構成と印象
VOTANI Q3の構成と印象 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS