2014 さぬきセンチュリーライド小豆島

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2014 さぬきセンチュリーライド小豆島
2014.11.02

2014 第24回さぬきセンチュリーライド・小豆島大会』に参加しました。

自転車仲間がからの情報を得て、まだ申し込み可能だったのでエントリー。日程がサイクリングしまなみの翌週なのがちょっと難点だったけど、自転車イベントはこの時期に集中するので仕方ないです。

1週間あれば体力も回復するので問題ないはず。


コースは100kmのAコース。小豆島の外周を半島も含めて全部走ります。

小豆島に普通に走りに行っても外周全部はなかなか走れません。
(途中で飽きて半島をショートカットしがち)
イベントならコース決まってるし、他の参加者もいるから走りやすいだろう、って想定。

が、しかし、直前に土砂崩れで通行できない箇所が発生した様で半島が1つキャンセル。

距離が短くなるので代わりにスタート直後から内陸へ大回りするルートに変更になってしまいました。
(このスタートからの大回りが想定外にしんどかった…)


朝6時前のまだ真っ暗な中を出発。小豆島だから当日に自走で参加できるけど、6:50のフェリーに乗らないと間に合わないので早起きは必須です(これが一番キツイ…)。

前日の夜まで雨が降ってて道路はビチョビチョ。
今日の天気も前線が通過するので超ビミョー。予報ではギリギリ降らないはず、って感じ。
一応、雨がパラつく程度には耐えられる様に対策しました。

参加する自転車仲間と合流してフェリー乗り場へ。


明るくなってきた頃にフェリー乗船。
高松側からの当日参加者はこの便に集中するので自転車だらけ。
フェリーへの固定は自転車3〜4台重ねてロープで縛ります。
小傷とか気にする人は当て布持って行った方がいいでしょう。



コンビニで買いだしてた弁当で朝飯。
1時間ほど船旅です。空模様は相変わらずビミョー。


池田港から会場の小豆島ふるさと村まで移動。
まったく寒くない…。冬用アンダーでは暑すぎるかも。
この時期はホントに着るもの悩みまくりです。


受付してゼッケンもらう。
今年は全コースで500人以上エントリーしたらしい。
実際に来たのは少なそうだけど(この天気で参加は好きモノ)。


会場は屋根付きの広い芝生グラウンド。これなら雨でも問題なし。
開会式で色々挨拶聞いてストレッチとかやらされる。
昔からやってる自転車イベントだけあって地味な部分をちゃんと抑えてる感じ。


30台づつスタート。
派手さがまったく無い地味なスタート。


会場を上から。スタートしてすぐ登り…。


そしてコース変更になった100kmは引き続き登りへ。
山へ向かってまっすぐ突撃、まだ体暖まってないのでキツイ!
天候悪いからツワモノばかり参加してるのかガンガン抜かれます。


棚田のとこまで登ったらやっと下り。やれやれ。


バビューンと下って海岸線。土庄付近。



土庄から半島の海沿いを舐めるように時計回り。
アップダウンの繰り返し。
コース変更で前半に追加された分、1つめのエイドが遠くなってて果てしない…。



50km近く走ってようやく1つめのエイドに到着。
メロンパン、バナナ、アクエリもらって休憩。
もうだいぶヘロヘロ。エイドから先に登り坂見えてるので再出発する気がうせる…。


昼ぐらいから風が強くなった。
かなりの強風だけど西風で、ものすごい追い風。
アップダウン続くけど押されてるからだいぶ楽。
島の東の端まで行った後は…考えないでおこう。


島の東側に回り込んだとたん地獄の強風向かい風。
さっぱり進まん!



向かい風と戦って、なんとか2つめのエイドの南風台に到着。
ここではチョコメロンパンといろはすの水とバナナをもらう。
連続菓子パンか…おにぎりとか調理パンが欲しいところ。


エイド出て少し進むと土砂崩れ半島をショートカットするトンネルに進む。
このトンネルが地獄…。
風がトンネル内に集まって超強風向かい風。
まるで風洞実験の中を走ってる様な状態。進まん…。


半島をショートカットしたら坂手港まで往復。
醤油関連の街並みを行き来します。
しかし距離稼ぎの往復って妙に虚しい。半島回る方がやる気がでるな。
(足が動くかは別だけど)


半島の付け根まで戻ったら超強風向かい風を西へ。
アップダウンがないのが救い。


3つめ最後のエイドに到着。
ここではアクエリをもらう。
チョコがあったらしいけどすでに無くなってた。残念。



エイド出たら最後の半島。
景色いいとこ多いけど、どんより曇りでアップダウン連続。
押してる人や足攣って止まってる人を見かける。
距離はあと少しだけど、なかなかゴールが近づかない。
だいぶ修行の領域になってきた。


何度も繰り返しのアップダウンにウンザリした頃、ちょっと太陽でたので写真撮影休憩。


狭〜い所をやっぱりアップダウン繰り返しながら抜けます。
風も相変わらず強い。
山に反射してるのかいろんな方向から突風気味に吹いてくる。


足がろくに動かなくなった頃、やっとゴールのふるさと村に到着。
ゴールもスタート同様に地味です(笑)。


足ヨロヨロ。よー走った。


完走認定証と粗品をもらう。
参加費安いのに醤油やソーメンなど粗品多数で妙に豪華。
個人的には費用をもう少しエイドの食べ物に割り振って欲しいところ。

この時点でかなり腹ペコ。
フェリーの時間にかなり余裕があるので、池田港でなんか食べるべく移動。


が、港に食堂無かった…。
もはや他を探してウロつく元気もなし。
かろうじてカップラーメン売ってたのでお湯入れてもらってしのぐ。
非常用に持ってたおにぎりも役に立った。
今回はエイドも含めて食べ物がイマイチ続きだったな…。


17:10発のフェリーで高松へ帰還。

今回の小豆島は天気悪いのと食べ物イマイチが合わさってテンション上がらなかった。
せめてどっちか良ければなぁ、って思うところ。
まー、雨が降らなかっただけでもマシな方だけど。

いろんな意味で修行の小豆島ライドでした。

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2014 さぬきセンチュリーライド小豆島
2014 さぬきセンチュリーライド小豆島 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS