2014 第2回オリーブサイクリング

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2014 第2回オリーブサイクリング
2014.12.7

小豆島の『第2回オリーブサイクリング』に参加しました(4月のオリーブサイクリングの2回目版です)。

今回もエントリーは無料(受付時に保険代として100円必要)。イベント的には前回と違って観光名所を巡ってスタンプもらうと抽選で商品当たるかも?という観光サイクリングっぽい感じに変わってます。エイドステーションも無さそう(実際にはスポドリくれるとこが1箇所あった)。

ちょっと寒い時期だけど観光サイクリングも悪くないだろ、ってことで土庄コース(50kmぐらい)にエントリー。

朝7時頃に出発。
8:02のフェリーに乗れば十分なので朝がやや遅めなのがありがたい。

気温は5℃(最高気温が10℃ぐらい)。
冬装備+耳あてとかシューズカバーとかフル装備です。


バラバラでエントリーしたけど、集まってみるといつもの自転車仲間とその知り合いで総勢10人。大所帯で小豆島へ渡ります。


会場のオーキドホテルには前回の様なテントや大きな立て看板は無し。
通りがかりではイベントやってる様には見えないぐらい地味。


自転車は駐車場に置かれた会議テーブルに立てかける仕組み(あまり見ない絵だ)。


屋内の受付で保険代100円払って立ち寄り施設マップやスタンプ押す台紙などをもらいます。

準備済んだら適当にスタート。
どっち向かって走り出すかは自分で地図見て判断。
無料イベントなので超ゆる〜い感じ。


まずはエンジェルロードへ。スタートから2kmちょっと。すぐです。


途中からダートで砂浜に続いてます。
躊躇するロード群を尻目に一気に砂浜へ突撃…、が砂にタイヤ埋まってこの辺で終わり。
エンジェルロードは干潮の時につながるらしいけどこの日は朝5時と夜7時頃。見物は無理。


早々に次のポイントへ向けて出発。
西風だから追い風でちょっと楽。
10kmぐらい走って標高100m程度の坂を越えます。


坂を下ってオリーブ園到着。
オリーブ植わってるところを歩けるらしいけど、ロード組の靴じゃ無理っぽいので断念。


次のポイントのオリーブ公園へ。
ほんのちょっと先で近いけどエグい激坂の上にあった…。
ヒィヒィいいながら登る。


オリーブの原木とか古い選別機とかの展示物を見つつオリーブソフトを食べる。
オリーブソフトはオリーブの葉を入れてるらしく抹茶ソフトっぽい。


次は5km程度走って金両醤油。
外壁の焼杉がなかなかえーかんじ。
登録有形文化財になってる。


その次はすぐ近くのマルキン醤油。
何人かしょうゆソフト食べてたけど私はパス(さっきオリーブソフト食ったばっかりやん)。

日差しがあるので気温低めだけど体感は暖かい。
観光サイクリングできる天候でよかった。

そろそろ昼時なので次のポイントへ向かう前にルートをそれて昼飯にします。
坂手港に食堂があるという情報を仕入れてたので港へ。

やや不安になる外観の食堂に到着。
10人も入れるのか?


中は意外と広くてメニューも豊富。天井には魚拓がいっぱい。



私はカキフライ定食(650円。安い!)。どれも美味しそうだった。
でも、おいしそうだけど危険なメニューも…。


それはジャンボカツ丼。
値段から考えてヤバそうだったけど、これラーメン鉢やん…。
ごはん何合入ってるの?カツも2枚分はありそう。
3人が注文して完食。よく食うなー。


腹満タン状態で7km先の映画村を目指します。
海沿いの道はわりと快適。サイクリングっぽくて絵になります。


到着?って思ったら「二十四の瞳」の小説の舞台となった田浦分校だった。
映画村はもう少し先(この中も見りゃよかった)。


映画村到着。外壁がフィルムのデザインになってる。




中は昭和初期の村を再現。
遊んでる銅像はちょっと不気味。
オート三輪の展示もあった。

駐車場でオーキドホテルで使える割引券やスポーツドリンクもらいます。
(エイドっぽい感じ?)


映画村が折り返し地点なので来た道を戻ります。
醤油街の辺りからひたすら冷たい向かい風。
この時期は後半が西向きになるコースは辛い…。


途中で国道からそれて最後のスタンプポイントの小豆島ふるさと村へ。


すももソフトを食べる。ちょっとジェラートっぽい感触。
これが一番うまい気がする(でも寒い)。

あとはオーキドホテルに戻るだけ。


黙々と走って土庄に戻ってきた。
言われないと気づかない世界一幅の狭い海峡を通過。


そしてオーキドホテルにゴール。


完走証もらう。
ちと割高だけど熱々のうどんを食べる。
冷えた体には異様にウマイ。
このウマさは冬に自転車で走った人にしかわからん。


うどん食ってたらフェリーの時間が迫る。
慌ただしく乗船して小豆島から離脱。帰路につきました。

観光サイクリングの割には皆んなクタクタ。
山方面へ行かなくてもなぜか小豆島は疲れる。
後半が向かい風のパターンだからかな?

ま、でも楽しめたからヨシ(^^)。

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2014 第2回オリーブサイクリング
2014 第2回オリーブサイクリング | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS