バッテリーカバーを脱着可能に改造

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > バッテリーカバーを脱着可能に改造
2020.11.14


バッテリーは2本使ってる。
でも2本でも足りないシーンがある。
たぶん来年にはもう1本増える可能性大。

そうなってくるとバッテリーカバーがそれぞれに付いてるのがウザい。
カバーが必要なのはTRS2で使う時だけ。
1つのカバーを使いまわしたい。
そもそもカバーは泥跳ねで汚れる。
充電する時にはカバー外して本体だけ扱いたい。

カバーの扱いは以前にBESVにリクエスト入れたが、
途中充電や複数本利用は現実味薄くて実現せず、、、
あの時点ではこっちもカバー外すシーンはピンときてなかった。

しかし、実際に使い込んだことで問題点は把握した。

「汚れたカバーをバッグや部屋に入れたくない」
「バッテリー外したオープン状態で放置したくない」

1本利用でもカバーは工具なしの脱着ができるべき。
そして外したカバーのみをTRS2本体に固定する仕組みがいる。

残念ながら現時点では考慮されてない。
仕方ないので自分でやる。


カバーはネジ2本外せばスライドして外せる。
だが、交換毎にこんなことやってられない。
工具無しで簡単脱着が必須。

カバーはレールで本体とスライドして一体化させてる。
最後をネジで固定してるだけ。
この構造自体は良くできてる。
固定がネジなのが問題なだけ。


ネジ固定しなけりゃよさそうだが、そう単純にはいかない。
カバーとバッテリー本体の蓋は共締め。
ネジ無しではバッテリー側の防水性が落ちる。

本体の蓋のみをネジ固定するとネジ頭が飛び出てカバーの位置がズレる。
位置合わせはカバー側のネジ固定の出っぱりを削って調整になる。
多く削ると強度下がるのでよろしくない。


飛び出しを限りなく抑えるために極低頭ボルトを使う。
頭の厚みは1.5mm。


最小限の飛び出しで蓋を固定。


カバー側は1.5mmズレる計算。
その分を削る。


カバーを装着すると位置関係はピッタリ。
バッテリー本体は上から下へカバーのレールをスライドして入ってる。
下側はネジ固定用の飛び出しの部分で止まる。

カバー基準ではバッテリー本体は下には動かず、上にはスライドできる。
バッテリー本体側からだとカバーは上には動かせず、下にはスライドできる。


カバー側を持つとバッテリー本体は定位置から下へは動かない。
なのでバッテリーの装着作業は同じようにできる。

※カバーだけ持って逆さにすると本体が滑り落ちるので要注意。


フレームに装着。
カバーはここより上には動かない。
バッテリー本体のネジとカバーの固定用の出っぱりで固定。


下側にはアンダーカバーまで隙間がある。
密着してるのでほぼ固定状態だけどカバーは下へは動ける。
強い力で下へ押すとアンダーカバーに当たるまでは下がる。
外れることないので問題はないが気に入らんので対策する。


5mm厚のゴムシートで隙間を埋めた。
これでカバーは下へ下がれない。
バッテリー装着した時点でカバー位置は固定。


カバーのレールは上の方に偏ってる。
下側はネジ固定する想定だから仕方ない。
下の方を引っ張るとちょっとカタカタする。
強度あるので問題でもないが薄いクッションパッドを貼った。


もう1本のバッテリーも極低頭ボルトで蓋を固定。
これでカバー1つを素早く付け替えて複数バッテリーを運用できる。
レール滑らせて脱着するだけなので数秒で交換。
カバンに入れるのはバッテリー本体のみ。
充電に持ち込むのもバッテリー本体のみ。
汚れたカバーで困ることはない。
これが普通だろ。


外したカバーはフレームに被せてフタできる。
上下に引っ掛けるバネ金具を作れば差し込むだけで固定できそう。


とりあえずはベルクロ1本あれば固定できる。
カバーを開口部のフタとして使うだけならこれで問題ない。


ついでにスペア運搬用のカバー作った。
余ってた古いキャンピングマットを再利用。
扱い荒っぽいので緩衝材カバーは大事。

複数本のバッテリー使うのはまだまだ少数派。
504Whで足りない、って話しても反応鈍い。
でも傾斜キツイ山岳路をウロつけば1本で半日走れないのが現実。
HIGHモードでゆっくり楽に動けばより消耗が早い。

E-MTBマジックに気付いてる人は少ない。
険しい山岳路を平地と同じ疲れ具合でブラブラできる。
走る場所が過酷であればあるほどバッテリーが先に無くなり時間と体力が余る。
そんな場所を1日の時間枠で好きにポタするには3本(1.5kWh)いる。

冬場は日が短いから我慢するとしても来年にはもう1本欲しいよなぁ。
自転車のカスタムよりバッテリー追加が先だな。



トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > バッテリーカバーを脱着可能に改造
バッテリーカバーを脱着可能に改造 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS