TRS2 AMが到着

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > TRS2 AMが到着
2019.08.24


巨大で超重い箱が誉自転車に到着。

四国で初入荷。
というか四国でTRS2AMの予約入れてたのは私だけ(^^;
数少ない初期ロットを四国に1台割り当ててくれたことに感謝!
ACT WITHにはどっさり入荷したらしい。追加で入ってくるらしいし大半を買い占めたのでは...)

土曜日の午後から作業できるってことで組み立て&整備を見物。


ふーむ、こんな感じで送られてくるのか。
ハンドル外すと結構コンパクトになるんだな。


本体引っ張り出した。重い!


プロは見るとこが違う。
いろいろバラしてチェック。
コストダウンの裏側が丸裸。
まー見えないところに安物パーツ使ってること自体は問題ない。
それを把握しとけばOK。

残念ながらハズレのベアリングのようだ。
動作にあまり支障なさそうなので増しグリスして戻す。


メンテスタンドに吊るして作業。
重くてスタンドが苦しそう。


クランク周りはE-Bike専用パーツが多い。
STEPSユニットはほぼブラックボックス扱い。


自転車的なチェックと整備はプロにまかせて電気系パーツを見る。
ディスプレイは想像より小さくて素晴らしい。
E-Tubeのジャンクションになってて4つポートがある。
XTR-Di2のと似たような感じ。
というかDi2付けるとこれに表示出るようなので後継ってことになるのか?

しかし、シマノが12速のDi2出してくれないのでどーにもならん。
12SのXT-Di2が出んかなー。
フロントシングルだとシンクロシフトはないけどDi2の意味はある。
左右にシフター付ければどっちでもシフトできる。
走行写真撮る身としては左シフトができる意味は大きい。


バッテリーは笑うぐらい重い。
それでも504whとしては最軽量の部類。
全固体電池とか何かイノベーションが欲しいな。

スペア背負って走るのはおそらく無理。
COHO XCに積んで運ぶのが限界か。
それでもスペアは買うんだろうな。
COHO XC付きで過酷ルートばかりを走ると2本いるのは明白。

それ以前にPSA1の2本運用では持ち出しが1本でも色々と便利だった。
短距離でちょっと使って週末にドカンと走るって時に、1本運用だと少し減ったバッテリーをまた満充電するパターンが多くなる。継ぎ足し充電はOKだけど短いサイクルでの充電自体がめんどくさい。

2本あると満充電で待機してる方を長距離時に装着すればいいだけ。
短距離で使ってる方は減ってくるまで断続的に使うだけ、って運用ができる。
こまめに充電する必要がない上に突発的に満充電スタートしたい時に困らない。
まーそれだけ継続的に乗るからだけど。


とりあえず充電しとく。
アダプターみたいなの付けてバッテリーへ直接続。
バッテリーにつなぐ部分にロック無いのが気になるな。
ちょっと当たると差し込みが抜ける。
当たらなきゃいいだけではあるが、、、

充電器もBESVオリジナル。
シマノ充電器よりコンパクトで角が丸い。
運んで補充電にはしんどい大きさだけど今の技術では4A出力はこのぐらいが限界らしい。

本体サイズは仕方ないとしてケーブルはどーにかして欲しいところ。
差し込み式の100V側はいいとしてDC出力側も差し込み式にすべき。
そしてトラベル用として超短いケーブルを用意してくれれば完璧。


自転車的な調整はほぼ終わったようだ。
BB周りがSTEPSなのでバラせないのでわりとすんなりって感じ。


ここから電気周り。
オプションのライト装着。
配線は専用のが出てるのでコネクターを接続してフレーム内に入れるだけ。

これでライト忘れや充電忘れとは無縁。
ライトON,OFFがSTEPSのメニュー内に入らないと操作できないのが欠点。
イベント走行時は点けっぱなしにするしかないな。
トンネル手前でライトONって言われても操作間に合わん。


SC-E7000。
めっちゃカッコイイ。


ショックのサグとかも調整してほぼ完成。
今日納車は無理だろうって話しだったけど調子良く進んで納車OKになった。


ひっくり返してタイヤ外す。
ミニオンは本気すぎて私の使い方では無理がある。


ミニオンがゴツすぎて外すのに格闘。
やってもらって助かった。


事前に入手してたシュワルベのロケットロンに入れ替え。
これも入れるの大概大変だった。
ペラペラで軽いけどビード部分はキッチリ。
幅太いとどーしても格闘系になっていくようだ。

外したミニオンは店長に進呈。
ミニオンあげて喜んでくれる人にTRS2を任せられるのは恵まれてる(笑)

そんなこんなで受け取り完了。
夜に走ろうと思ったけど雨パラついてたので軽い試走だけ。
お楽しみは明日以後(^^)

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > TRS2 AMが到着
TRS2 AMが到着 COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS