サイドスタンド

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > サイドスタンド
2019.11.09


TRS2AMにはサイドスタンドがない。
オプションでも用意されてない(TRS2XCにはある)。

そもそも自転車から離れる駐輪にスタンド使おうとは思わない。
ガッチリと立て掛けた上でワイヤーロックで倒れない方に固定してる。
でも、何もない場所で写真撮る時に自転車を自立させる手段はいる。
RZ120の時はトピークのクランクに差し込む奴で立てていた。


こんな状態に変形する。
これをクランクに差し込む。


差し込むと2本の足で踏ん張って自立する。
一応、TRS2AMでも使えるようだ。

このスタンドは安定っぽく見えるが色々と無理がある。
ゴツくてかさばる大きな本体は長さ合わせにスライドで伸びる。
伸びる側はスチールだが本体側はプラスチック。
そしてこの位置は自転車が傾くと物凄い力がかかる。

なので実績として、
「本体プラが割れて壊れる!」
今使ってるのは3個目。
これも割れてる。
接着剤とタイラップで補修してる。

大きくて持ち運びしにくい上に簡単に割れて壊れる。
だいぶウンザリしてる。
背に腹は変えれないのでズルズルと使ってきたがそろそろ限界。
本気で別のスタンドを探してみる。


見つけたのがこれ。
まー仕様通りそのままは使えないのだが、、、


クイックリリースの車軸部分につけて使う想定のやつ。


跳ね上げ式ではなく根本から抜いて脱着して使うタイプ。
根本のマウントが車軸のとこに残る。


TRS2AMでは長さも足りないし車軸の規格も違うので使えない。
車軸で使うつもりは元からない。


根本部分は外す。
外した部分をゴムキャップで塞ぐ。
単なる棒の状態にする。


この棒をペダルの穴を通して地面とクランクで支える。


ちゃんと自立する。
ただし自転車が前後に動かない前提。
ブレーキレバーをベルクロや輪ゴムで引いてタイヤロックしとく必要あり。

写真撮る目的なら十分に実用的。
棒の引っ掛け位置で傾斜角度も調整できる。
わりと利便性高い。


そしてこの棒は分割して折れる。
テントポールみたいな感じでゴム紐で繋がってる。
引っ張るとバラけて3分割できる。


超軽量で省スペース。
トップチューブバッグの隙間に入れとける。
トピークのはもう引退。




トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > サイドスタンド
サイドスタンド COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS