2002 アフリカツインの改造(その1)

トップ > オフバイクとラリー > 2002 アフリカツインの改造(その1)

ライトを強化

懲りずにSSER GroupNのインターナショナルクラスへエントリーしたので、去年の教訓をふまえてアフリカツインの改造です。

まずはライト。去年はデュアルライトの片方をハイ、もう片方をロービームにできる様に配線には凝ったんですが、ライトそのものはノーマル状態にバルブをレイブリックのハイパーハロゲンを入れただけでした。アフリカツインのライト口径は大きめなので、明るさはまずまずなんですが、SSを走ると配光がドライビングなのでタイトコーナーの先はほとんど見えません。

というわけで、今回はフォグ系のライト装着が改造のメインです。

普通なら軽めのフォグを追加装着ってとこなんですが、アフリカツインはフルカウルで覆われているため、追加でライトを装着できそうな場所はありません(転倒時に壊れそうな所はありますが、無転倒で走る自信はないのでボツ)。

そんなわけで、片方のライトを外してそこに装着する前提になります。元のライトが16cmぐらいなので、それ以下の丸形ライトでフォグ配光のモノ...。おぉ!今、パジェロに装着してるレイブリックのHIDが使えそうです(直径10cm)。


さっそくパジェロから片方だけ拝借して、取り付けステーの角度やサイズを詳細に確認したところ、なんとか装着できそうな感じです(奥行きがわりと長くてギリギリ)。

スチールステーを加工し、微妙に現物合わせをして取り付けステーを作成します。ちょっと強引な感じですが、わりとガッチリしたステーになりました。

仮取り付けするとこんな感じ。見た目はちょっと妙ですが、このHIDの明るさと配光(真横まで光が散るほどなんで、コーナーライトとしてはグー)を得るためなら見た目は我慢です。

あとはひたすら配線作業。前回と違ってHIDは補助灯という位置づけなので、配線は完全に最初からやり直し。HIDのインバーターはシート下のボックスに収納したので、そこからの配線の都合もあるので、リレーの位置や線の取りまわしを考えて、黙々と配線作り。

なんとかメドはたってきたものの、やらなきゃいけない改造はまだまだあります。間に合うのか?というペースです(^^;。

2002 アフリカツインの改造(その2) へつづく
2002 アフリカツインの改造(その1) | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS