2002 アフリカツインの改造(その3)

トップ > オフバイクとラリー > 2002 アフリカツインの改造(その3)

ショートレバー制作

去年は、ハンドルガードにアチェルビスのプラスチック製のガードを装着してたんですが、このガード、立ち転け程度ならなんとかなるものの、ドシャっと勢いよくこけるとアフリカツインに重さに負けて潰れます(ガードに押されてレバーも曲がる)。ほとんど役に立ちません。

で、今回は頑丈なアルミガードを装着することにしたのですが、問題はレバー。去年のレースでショートタイプのブレーキレバーを折ってしまったんで、新しいのを入手しようとしたのですが、さすがにもうアフリカツインに装着できるショートレバーは製造中止で在庫もなし。入手不能となってました。ショートタイプでないとガードに干渉して装着できません。


いつものことながら無ければ作る、というわけで、ショートレバー製作からスタートです。

普通のレバーをちょん切り、切った先の部分にネジをねじ込んで段差を作り、そこに金属用エポキシパテを盛って丸い部分を作ります(この丸い部分がないと車検に通りません)。パテが硬化したら、やすりで形を整え、仕上げに耐水ペーパーで磨きます。

あとは塗装。レバー全体を耐水ペーパーで荒らしてから、アルミホーイル用の塗料で数回に分けて塗装しました。

奇麗にアルミガード内におさまりました。

で、このアルミガード。頑丈なのはいいんですが、風よけがないので手にモロに風が当たります。SS内はいいとしても、リエゾンで手が凍えるので風よけは必須です。というわけで風よけも自作。

素材は3mm厚の透明テーブルクロス。もともと柔らかい素材ですが、3mm厚にもなると適度なゴワゴワ感があってちょうどいい具合です。当然ながら柔らかいので、転んでこの風よけが体に当たってもケガすることはありません。

2002 アフリカツインの改造(大クラッシュ!) へつづく
2002 アフリカツインの改造(その3) | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS