2002 アフリカツインの改造(大クラッシュ!)

トップ > オフバイクとラリー > 2002 アフリカツインの改造(大クラッシュ!)

派手に壊してしまった…

順調に改造してきたんですが、練習と光軸など最終調整を兼ねて林道のナイトランを行っていて転倒して壊してしまいました。下りで溝にフロントをとられてコントロール不能になりそのまま左側へ傾きながらドシャ!速度はあまり出てなかったものの、下りで石ごろごろの溝にハマったんで、ほとんど減速できないまま転倒し、山側の盛り上がったところに左側アッパーカウルあたりをぶつけて止まったという状態です。

起こして損傷具合をざっと確認し、あらためて車重の重いビックオフのリスクを実感しました。カウルはバキバキに割れ、メーター周りのステーが大きく変形してハンドルすら動かせない状態です。まさにワンミスが致命傷になります。

SSER GroupNまで残り数日。根性入れて直すしかありません。

メーター周りのをステーは左正面からの衝撃が大きく曲がり、ハンドルに干渉してます。ライトのマウントは奥へ向かって歪み。HIDのステーもグンニャリ(HID本体が壊れてないのが不幸中の幸いか?ちなみにライトガードは吹き飛びました)。

カウルは左側の接続部分はすべて割れて吹き飛び、大きな負荷がかかったサイドカウルの上部は15cmぐらい欠けて無くなってました。あちこちに無数の大きなひび割れがあり、まさにバラバラになる一歩手前。タンクへの取り付けネジでなんとか形を保っている状態です。

アッパーカウルもこんな状態。バラバラになる一歩手前です。しかし、さすがにオフを走ることを考えて設計しているからか、こんな状態でもステーに取り付けていればバラバラにはならない構造になってます。

まずはステーを復活させないと話になりません。角材やパイプを使って少しずつ曲げて、ハンドルが干渉しない位置まで戻します。

角材ではテコの応用が効かせない箇所は、Lアングルをボルト止めしてよじって直します。カウルを付けるステー位置を確認しながら変形させるんですが、ぜんぶつながっているので、あっちを曲げると、こっちがずれるの繰り返しでかなり根気のいる作業です。

カウルを補修して装着できるようにしないといけないのですが、果たして間に合うのか?

2002 アフリカツインの改造(修復&強化) へつづく
2002 アフリカツインの改造(大クラッシュ!) | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS