DiMAGE7i(MINOLTA)

トップ > デジカメの話 > DiMAGE7i(MINOLTA)

【 使用期間: 2002〜2003 】

この年、ニコンがD100を30万円で発売しました。
デジ一眼が現実的な価格になった時代です。

とは言うものの30万円は一般人には高すぎだし、フイルム時代と同じく光学ファインダー覗いて撮影することにも抵抗があり興味は湧きませんでした(1000QDに馴染めなかったトラウマもあったし)。

そんな時代のデジカメらしいカメラがDiMAGE7iでした。
可動式の電子ビューファインダーを装備し、ファインダーを覗いて「見えたまま」を撮影できました(露出調整をリアルにできる感覚は感動モノでした)。可動式なのでローアングルとかも簡単。

COOLPIX990の画質からステップアップできることもあり、これも衝動買い的に購入。

28-200mm相当のレンズで広角から望遠まで撮れて使いやすかったです。500万画素、今のレベルと比べるとコントラストが高めでザラつき感のある写真でしたが、この辺から本物(?)の『写真』っぽい画質に近づいた感じがします。

撮影間隔が1.2コマ/秒で当時のデジカメとしては速い部類だったことから、同じシーンで適当に数枚写真を撮る(あとで一番いいのを残す)という使い方をする様になりました。

2003年のEOS10Dの購入でメインカメラはデジタル一眼に移行。DiMAGE7iは知り合いに売却となりました。

トップ > デジカメの話 > DiMAGE7i(MINOLTA)
DiMAGE7i(MINOLTA) | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS