トップ > デジカメの話

デジカメの話

私は作品的な写真撮影にはあまり興味がありません。メインで撮るのはスナップ写真。日常+αをカメラの性能を最大限に頼ってテキトーに撮ってます。

大昔にフイルムカメラ(1991年のEOS)を買いましたが、現像に出してやっと撮った写真が見れるという超スローテンポな感覚やコスト感が肌に合わずロクに使いませんでした。転機が訪れたのはデジタルカメラの出現。初期のデジカメは画質は酷かったけど利便性の面で感覚に合い、日常的に写真を撮る様になりました。デジタルにならなかったらハマることはなかったでしょう(散財することもなかった(^^;)。

レンズ交換式デジカメ

EOS10D(APS-C)からデジタル一眼を使う様になりました。今はフルサイズのEOS6Dがメインで、使い古しの20Dが予備機。コンデジ的な用途でGM1を使い分けてます。

レンズ

EOS10Dを買った頃に悩んだのがレンズ。普通は標準ズームというのをメインに使うのですがデカくて嫌だったので、単焦点レンズを中古で買ってみたところサイズと画質でツボにはまりました。それ以来、単焦点レンズが中心の使い方です(ジワジワとズーム系も増えてきたけど…)。

コンデジ、スマホなど

初期のデジカメはコンデジでした。デジタル一眼に移行してからも大きさの面で小型のコンデジを併用してましたが、iPhoneカメラの画質がグングン良くなるので立場が微妙に…。

フイルムカメラ

1991年に買った一眼レフカメラ。遊びに行った時に少しは撮ったもののロクに活用しなかったです。

デジカメの話 | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS