EOS 20D(Canon)

トップ > デジカメの話 > EOS 20D(Canon)

【 使用期間: 2008-2012 】

EOS KissX2をメイン機として使うことを断念し、EOS 10Dを修理することを決断してキヤノンに送ったところ、部品が無くて修理不能という予想外の返事がきました。10Dの製造終了から5年です。修理部品は6年は保証しないとダメなはずなのにもう部品が無くて修理できないなんて…。

ただ、キヤノンの説明ではシャッター幕だけでなく複数部品にダメージがあるので部品があったとしても修理に5万円以上かかるという話だったので、部品有っても断念した可能性が高いですけど。

で、キヤノン側から修理できない代わりに、その修理額と同額で10Dの後継機のEOS 20Dの新古品(修理再生品かな?)を提供できる、という提案がありました。その当時はEOS 40Dの時代でもう少しすると50Dが出てくるタイミング。4年前のモデルである20Dを5万という微妙な金額でしたが、最も10Dに近くて10Dの欠点のみ解消したモデルの新品ってことで、20Dへの乗り換えを決めました。

これが大正解。

・10Dより微妙に小さくコンパクトで電源ONからの起動は高速
・連写速度も少しアップし、高感度特性も10Dと同等か上
・撮れる写真の色合いや感覚は10Dと同じ方向性
・シャッター幕の耐久性も10万枚以上にアップ

唯一の欠点はシャッター音が少し大きいこと。10Dに比べてカシャカシャとうるさい。
シャッター幕の耐久性をアップさせたことの弊害の様です。

10D同様にお気に入りカメラとなり4年間使いまくりました。

4年ちょっと経過した頃からジワジワとシャッターボタンの接触が悪くなり、そっと押した程度だとシャッター切れない時が出てきました。致命的でもなかったので修理に出さずにズルズルと使っていたところ、修理額と同じぐらいで程度のいいEOS 20Dの中古を見つけたので、20Dをもう1台買い増し。

しばらくはリモートケーブルつないで物撮り専用に使ってましたが、知り合いに超安値で売却。

トップ > デジカメの話 > EOS 20D(Canon)
EOS 20D(Canon) | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS