荷台を温泉に!

トップ > 車の改造 > ストラーダ > 荷台を温泉に!
アウトローな人達には受けがいいんですが、一般人にはこの素晴らしさが理解されないようです(笑)。冬のキャンプで酒を飲みながら温泉に入りたいと思うのは、ごく自然なことでしょう。しかし、設備の整ったキャンプ場ならいざ知らず。私が好むただの河原には温泉などありません。無いなら作ってしまえということで、好き物キャンプ仲間とストラーダの荷台を湯船にし、廃品のラジエターでお湯を沸かして温泉の出来上がり!

荷台に断熱効果の高いアルミ蒸着ロールマットを敷き詰め、アオリの部分をコンパネで塞ぎ、そこにトラックシートを被せて湯船作りました。この湯船は単純計算で800リットルの水が入ります(大人4人が楽々入れます)。もちろん重量オーバになるので、車体はジャッキスタンドで固定します。

湯沸かしの原理は電動ポンプで廃品のラジエターに湯船の水を通して循環させ、そのラジエターを焚き火で燃やします。本来、熱くなった冷却水を効率良く冷やすラジエターはその逆のことも効率よくこなしてくれます。寒い冬に800リットルもの水が2時間ぐらいで入れるお湯に変身します。

心臓部のラジエター 「のれん」もあります


お湯になったら温泉の元を入れてストラーダ温泉の出来上がりというわけです。

酒を片手に入ると、みんな出てきません。


トップ > 車の改造 > ストラーダ > 荷台を温泉に!
荷台を温泉に! | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS