HKS CAMP

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > HKS CAMP
HKSのCAMP(Computerized Automoblie Muliti Player)を取り付けました。ネット上でこれを見つけた時は衝撃でした(かなり前からあった見たいです。うーむ、知らなかった)。今まで燃料消費状態をリアルタイムに確認できないのが不満でした。これで一気に解決です。
本体はガワだけかと思うほど軽いプラスチックのケースです。表示はTVなどの外部入力に出力する様になってます。操作はリモコンで行います。

本体はダッシュボード内部の奥に取り付け、映像切り替え装置を使って、カメラやナビを表示してる7インチ液晶に表示する様にしました。

設計は少々古いものの、かなり高機能で遊べます。アナログメーターモードでは2つの情報を選択してアナログ表示できます。とりあえずは瞬間燃費(km/l)と瞬間燃料消費量(cc/min)を表示させてますが、スピードメーター、タコメーター、インジェクタの開閉度などいろいろ選べる様になってます。

デジタルモードでは、横方向のバーグラフと数値で、今現在の瞬間燃費や燃料消費量、速度、エンジン回転数、インジェクタ開閉度などがリアルタイムに表示されます。文字が小さいので読みづらいのが欠点ですが、見てて飽きません。他にもグラフを出すモードとか、熱帯魚を飼うお遊びモードもあります(省燃費運転しないと魚が死にます(^^;)。

アイドリングでは、回転数701rpmで燃料消費は13cc/minでした(まだメーカー推奨値で設定しただけで補正をしてないので正確な値じゃないですけど)。

実走行してみると、発進時が2km/lぐらいでちょっとした加速が4km/l、50km/hぐらいで巡航すると13km/lぐらいの燃費です(ギアチェンジ時は20km/lを振り切ります(^^;)。いままで謎だったその時々の燃料消費がリアルに分かるので面白いです。フル加速時の針の動きは心臓に悪いですけどね(笑)。

CAMPは燃料消費の判断にインジェクタ信号を使ってます。普通はインジェクタ信号と燃料消費の関係は一定なので、一度補正すればほぼ正確な値がわかりますが、GDIなど空燃比が変化するエンジンや、インジェクタ信号が特殊なエンジンでは正しい数値を出せないそうです。V73Wは設計の古いエンジンなので問題ナシですが、最新エンジンの車に取り付ける場合は注意が必要です。

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > HKS CAMP
HKS CAMP | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS