ルーフボックス変更

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > ルーフボックス変更
ルーフボックスは、だいぶ前にPajeroMLのメンバーから格安で譲ってもらったモノを、ソフィアホワイトに自家塗装して使っていました。容量的には大きな不満は無かったものの、細長い形状で幅が少なく、入れられるモノの形状が制限されるのが難点でした。

壊れたワケでも無いし、高いモノなのでこのまま使う予定でしたが、GWに近くのホームセンターで激安のルーフボックスを発見し、衝動買い(^^;。
今まで使っていたルーフボックス。

幅が無いので入れられるモノの形状に制限あり。

衝動買いしたルーフボックス。

RV-INNOの定価39800円のモノが、なんと9800円でした(現品のみの特価品)。

ルーフボックスの比較(左が買ったモノ)。

幅が広がり、側面の絞り具合もやや緩やかになりました。

その恩恵として、キャンプ用のディレクターチェアが入ります\(^^)/。

安いディレクターチェアは、たたんだ状態の幅があるので、以前のルーフボックスには物理的に収納不能でした。パジェロの荷室に積んでましたが、椅子だけ使いたい時に他の荷物との関係で出せないとか難アリでした。でも、座り心地を比べると筒型収納の椅子には移行できず…。

これで椅子をルーフボックスに入れれるので、必要時はすぐに取り出せるし、荷室も空くし快適に使えそうです。

都合よくホワイトなので、しばらくはこのまま使う予定ですが、そのうちソフィアホワイトとブラックのツートンに塗り替えるかも?って感じです。
いいことずくめの幅広ルーフボックスですが、不便になった部分もあります。
それは、脱着に脚立が必要になったこと。

今まではサイドシルに立った状態で、取り付けネジを付けたり外したりが可能でした(手が届きました)。一人で持ち上げることができるので、何も補助道具ナシで一人で脱着することができ、出先で一時的にルーフボックスを外す必要があるときに対応可能でした。

しかし、幅広ルーフボックスでは、脚立に上って高い位置で手を伸ばさないと奥側になるネジに手が届きません。残念ながら出先での一時的な脱着は難しくなりました。

気軽な脱着はできなくなったものの、それよりもディレクターチェアが入るメリットの方が絶大なので、全然OKですけどね(^^)。

…追加…

後日判明したのですが、よく使う装備(ディレクターチェア2脚、コールマンのテーブル&イスのセット、2m×2mのワンタッチタープ)が全て入りました。
さすがにギリギリで入る状態ですが、想像以上の容量です。

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > ルーフボックス変更
ルーフボックス変更 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS