充電制御をSBC-001Aに変更

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > 充電制御をSBC-001Aに変更
パジェロ搭載のサブバッテリーはリレー制御の直結方式で充電してました。
とくに問題はなく充電効率も素晴らしかったのですが、キャンピングトレーラーを引く様になってからちょっと問題が出ました。

私のパジェロはオルタネーター容量が90Aしかなく、パジェロのサブバッテリーとキャンピングトレーラーのバッテリーに同時に充電しようとすると発電量が足りずにメインバッテリー側からの流し出しになる場合があります。
片方づつ充電、となると手動で操作することになり面倒です。

で、最大充電電流を30Aに抑えられる充電コントローラーSBC-001Aを使うことにしました。
リレーでやっていたことをSBC-001Aで肩代わり。
インバーター横に装着しました。

ACC連動の機能がありますが、ACCで充電機能が動いてもうれしくないので、信号線としてはオルタネーター出力の線をつないでます。

逆流防止のダイオードか何かが入っているのか、満充電時でも結構な電圧差があります。充電効率はリレー直結の方がいい様です。

肝心の30A制限ですが、どうもキッチリ30Aで制御されているワケではない感じです。サブバッテリー側に大きな負荷を接続して実験すると、充電電流が40Aを超えることも(シャント抵抗の電圧降下での計測なので間違いないハズだけど…)。

うーん。単に逆流防止の電圧差の分、充電効率が悪いだけなのでは…。

ちょっと期待外れですが、結果的に充電電流はほどほどに抑えられ、メイン側が電圧低下してる時にはサブ側へ充電電流を流さないという制御をやってくれるので、まーヨシとしましょう。

トップ > 車の改造 > Pajero V73W > 充電制御をSBC-001Aに変更
充電制御をSBC-001Aに変更 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS