キャンピングベッド製作

トップ > 車の改造 > Pajero V75W > キャンピングベッド製作
パジェロはシートをフルフラットにすることができます。ドライブ途中の仮眠程度であれば、これでも役に立つのですが、ちゃんと寝ようとすると段差がひどくて辛いです。さらにキャンプ道具なんかを積んでいると、フルフラットにした後に荷物はどこに置くの?という事態になります。
基本的にキャンプする場合はテントを張るのですが、目的地の天候が荒れていたり、遠い目的地まで行く間の単なる一泊だったりすると、車の中で快適に眠りたいものです。

というわけで、キャンピングベッドが欲しくなりました。パジェロを買った頃には市販品のベッドを探してみたのですが、8ナンバーを取ることが前提の為か相当高価です。炊事用の装備が付いていることもあり、収納時も巨大でそれ自体が荷物になります。さらにベッド設置後の使い勝手もいまいち(特に高さ方向の空間が少ない)。とても私の使用条件を満たせそうにありません。

無ければ作る。これが基本です。

前提条件は、
  • 常に積載しておけること(コンパクトにまとまり、積載性を損なわないこと)
  • マットなど必要とせず、ベッドボードのみで快適に寝れること
  • ベッドの上で座れること(座れるだけの高さ方向の空間があること)
  • ベッドを設置した状態で走行できること(セカンドシートから後ろに設置)
  • ベッドを設置した状態で、ベッド面以外に荷物を収納できる空間があること
です。

そんな都合のいいベッドなんか作れるの?と思うでしょうが、知恵を絞り、パジェロの巨大な車内空間を余さず使うことで、ほぼ条件を満たすベッドが作れました。

  本格ベッド製作以前の超簡易ベッド  
  シンプルなベッドのフレーム  
  快適なベッドボード  
  ベッドの収納状態  
  ベッドアレンジ(ローモード)  
  ベッドアレンジ(ハイモード)  
  Details of bed size  

今後の課題は、さらに軽量化したベッドボードにすることです。今回はコンパネをメイン素材にしてますが、ハッキリ言って過剰強度で重いです。もっといい素材を見つけたいところです(費用に糸目をつけなければいくらでもあるんですけどね)。
キャンピングベッド製作 | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS