RIVER Pro + Exstraを入手

トップ > 工具と道具 > EcoFlow RIVER Pro > RIVER Pro + Exstraを入手
2021.01.24



2020年の8月にMakuakeでEcoFlowのRIVER 600 PROを見つけた。望んでいたポータブル電源に限りなく近いので即座に「RIVER 600 Pro + 専用エクストラ+110Wソーラーパネル2枚セット」を応援購入。こういう最先端モノは初期生産のリスク承知で先行購入が楽しい。

2020年末に入手の予定が配送手配のゴタゴタで2021年1月にズレ込んだが、、、

RIVER 600 PROの何が良いのか?個人的に好印象なのはG500と同等なサイズと重さで扱えること。RIVER 600 Proは7.2kgで720Wh。サイズ感はG500と同等。

720Whの容量はややビミョー?でも、そこで終わらない。エクストラバッテリーという外部バッテリーが追加できる。本体とケーブルで接続すると合計1440Whに化ける。必要容量で単体かエクストラも持ち出すか選べる。取り回しの良さと大容量をうまく両立。

出力にも工夫がある。ネーミングから想像つくが出力は600W。だがX-Boostという機能で1200Wまでの機材を強引動かす。一瞬のサージではなく正弦波をいじることで600W出力のまま1200W家電を持続して動かす。おそらく波形ピークを下げてコントロールしてると思われる。

単純な家電ならだいたい動く。ただし能力は600Wまでで1200Wのパワーは出ない。電子レンジも動くが時間は倍かかる。本当に600W以上のパワーが必要な製品は使えない。でも、落とし所としては絶妙。なにしろG500と同じサイズと重さなのである。


もう1つ、他のポータブル電源と決定的に違う能力がある。最初に目を引いたのはその能力だった。

「充電が高速でACアダプター不要」

にわかには信じられない。G500は100Vからの充電はACアダプター。ギンギンに発熱しながら80Wぐらいで充電する。500Whでも満充電には一晩かかる。他のポータブル電源でもほとんど同じ。せいぜい120Wぐらいまでの充電パワー。

TRS2のバッテリー充電でも専用ACアダプターで160Wぐらい。BenQグループの実力でもその辺が常識的な能力。その常識を見事に打ち砕いた。

「ACケーブルのみで600W充電」

1440Whを2時間半でフル充電する。X-Streamという特許技術らしい。どんな仕組みかよくわからんが、出力が600Wというのがヒントだろうな。おそらくACインバーター出力の回路の何かを転用して充電に使ってると思われる。その都合なのかAC入力が入るとACの入力と出力は直結になる。ACインバーター回路はパスされる。この切り替わり時には数十msの瞬断が発生するので要注意。

充電速度は災害時利用では非常に重要。一時的に電気が復帰したときに高速に充電して貯めておける。電気の復旧してる場所で充電させてもらう時も短時間で済む。発電機で昼間に高速充電して夜はポータブル電源を使うことが可能。

私のように田んぼ作業とかで電気使う用途でも価値は大きい。昼ごはん休憩してる間にフル充電に復活できる。普通のポータブル電源では不可能。


そしてIT系人間の心をくすぐるのがこれ。単なるスマホアプリ対応ではない。ちゃんとしたIoT家電。ポータブル電源自体がネットワークに接続する。情報はクラウド経由で連携してる。なので屋外からもスマホで状態把握と操作が可能。

このレベルのポータブル電源って他にあったか?


ソーラーパネルは110Wの折りたたみ式。2枚はやりすぎかと思ったがフルに使うのは災害時。持て余したままで済めばそれはそれでヨシ。

しっかりしてるので想像より重かった。でも持ち運べるギリギリの取り回し感で220W分のパネルを扱える。これも絶妙な位置づけだと思う。本体もソーラーパネルも本格的に使うには容量も出力もショボイ。でも「運べる取り回しの良さ」を基準にするとギリギリのサイズ感。そのギリギリの世界で最大の容量と性能になってる。マルチに使うポータブル電源としては良い立ち位置だと思う。


ソーラーパネルでの充電をテスト。説明書では収納バッグがスタンドになる記述があるが、そもそもチャックが2辺のみでフルオープンにできない。スタンドにならんよなぁ、、、なんか手違いか?

勘違いだった。角でチャックが引っかかってただけだった。フルオープンするとスタンドになる。


適当に角度つけて置いただけで160Wぐらいの入力。やはり2枚は正解だった。条件が良ければ1日で空からフル充電できそうな勢い。ソーラー1枚だと半分なので非常時に実用に耐えない。


お昼付近は180W以上をキープ。朝10時ぐらいから始めて夕方までに1.2kWhの電力を作れた。日照時間の長い時期なら昼間に空からフル充電いけそう。


具体的に何に使うのか?ポータブル電源はマルチに使ってこそ価値がある。災害時に電源確保して役に立つのはわかってる。でもそんな状況は滅多にない。普段にうまく緩く活用できてこそ意味がある。

とりあえず方針的に充電はソーラーパネルを頼る。急ぎじゃないときは商用電源で充電しない。つまりグリーンエネルギーを1.44kWh蓄える。

で、日常的にはEバイクのバッテリー充電に使う。GoProやモバイルバッテリーや小物充電にも使う。基本的に遊び系の電力をグリーンエネルギーにシフトする。たぶん1週間で1kWhぐらいしか使ってない。ゆるゆるのソーラー充電で足りる。遊び電源はオフグリッド。それ自体が遊び。電気代としては誤差の範囲だが運用ノウハウを得られる。同時に話ネタもできる。

当然ながらG500でやってたアウトドアでの活用もする。用途によってはG500も現役。G500は冷却ファンがあまり回らないので都合いいときもある。

そうやって日常的に緩く使いながら、いざって時には非常用電源。サーバーバックアップとか冷蔵庫バックアップに使う。1.44kWhの容量はだいぶ余裕があって現実的。小型発電機もあるのでうまく使い分け。


現時点での不満点

「冷却ファンがうるさい」

ファンの音自体が大きい。いわゆる静音ファンではない。そしてAC出力ONだと無負荷でもファンが回る。AC入力が入ってる時も同様で強制的にファンが回る。DC系のみを使ってると静かで快適だがACを使うと騒音地獄になる。近くに置いて使う気にはならない。

無駄にファンが回る問題は今作ってる新しいファームウェアで解消するらしい。ただし、アナウンスされてるのはAC出力時だけの部分。インバーターの温度状態でファンコントロールするとのこと。無負荷では回らなくなると思うが低負荷の動きは不明。全体的に温度できめ細かく制御して欲しいのだが、、、

G500は圧倒的に静か。冷却ファンが回るのは温度が上がってから。ファンの音自体も小さい。温度制御で動くのは充電時も同じ。AC出力も100Wぐらいまでの利用はファン回らない。内部発熱がそこまで到達しない。

この「内部温度が上がるかどうか」ってのは重要で、温度が上がるということはエネルギーが熱に変わってる。その元となるエネルギーはバッテリー。つまり効率が悪いことを示す。その熱を逃すためにさらにエネルギーを使ってファンを回す。どんどん泥沼でエネルギーを捨てることになる。

G500が実際に使って高効率なのはロスが少ないから。もってるバッテリー容量はたいしたことない。でも高効率なので使ってて納得がいく。RIVER 600 PROはどうなのか?これから使いながら検証。積極的にファームアップする体制だろうからアップデートでの改善も期待したい。

※その後のファームアップデートで解決






2021/2/10からPROの一般販売が開始された。名前から600が消えて先頭にEcoFlowがついただけで仕様変更無し。ファームウェアは同じだから現時点では細かい問題は残ってる。順次ファームアップで解消されると思うので、それが納得ならお勧め。

たぶんProを選択したい人は容量を求めてるはず。エクストラバッテリーが必須な用途だと思う。接続ケーブルが扱いにくいとか問題はあるものの、本体+エクストラの1440Whはとても有効。この容量が必要なら他は選択肢に入らない。その上で、分離して本体720Whだけで使うこともできる。デカい一体型大容量の製品よりも使えるシーンが広い。

720Whの本体だけで十分ってことならRIVER Maxも選択肢に入る。Maxだと容量いらない時に288Whに小型化して運用できる。出力の最大値は同じなので使える時間が短いだけ。
い方で好きな容量を選べる感じ。




折り畳みソーラーパネルも能力高い。持ち出して外で使えるのでそういう用途ではかなり優秀。110Wに加えて、2021/3に160Wタイプが追加された。

RIVERはソーラー入力が25V-DC12A(最大200W)。110Wを2枚並列がバランス良い。でも1枚だけ所有するなら160Wがベター。入力が25Vまでなのでパネルは並列接続のみ。
※直列にすると25Vを超えてRIVERが壊れるので注意。

110Wパネルは、Imp 6A
160Wパネルは、Imp 8.8A

電流はRIVERの入力で12Aまでに制限される。なので最大値としては大きく構成しても問題ない。12Aに制限されるなら110Wを2枚並列で最大、って思いそうだけど、ソーラー発電は空模様で変わる。薄い雲があるだけで発電量はガクンと落ちる。最大電流に余裕をもたてせおけば発電量が落ちても12Aを確保しやすい。パネルサイズが大きくなるのでどこまで想定するかになるけど、、、

非常時を考えるなら160Wを2枚(使う時は並列)が有効だと思う。気軽にアウトドアで使うときは1枚だけ使えばいい。当然だけど常時設置して使うなら普通の固定パネルの方がいい(安いし)。





1440Whの必要がなければ、Maxの576Whが手頃。出力は同じなのでお勧め。脱着式のエクストラ部分を外すと288Whとして小型化できる。




最初から288Whのも売ってる。あとからエクストラバッテリーを買えば576Whにもできる。288Whで足りる用途ならこっちがお勧め。価格的に非常に手頃。出力同じだから動かせる家電は同じ。短時間の動作でOKなら最も取り回しがいい。


※一般販売では製品名が変わったらしい。
RIVER 600 → EcoFlow RIVER
RIVER 600 Max → EcoFlow RIVER Max
RIVER 600 Pro(うちのやつ) → EcoFlow RIVER Pro

RIVER 600 専用エクストラバッテリー → EcoFlow RIVER 専用エクストラバッテリー
RIVER 600 Pro 専用エクストラバッテリー(うちのやつ) → EcoFlow RIVER Pro 専用エクストラバッテリー

製品名の変更だけで仕様や性能は変更なし。

トップ > 工具と道具 > EcoFlow RIVER Pro > RIVER Pro + Exstraを入手
RIVER Pro + Exstraを入手 COPYRIGHT 1996-2022 E-NAYA
Powered by WPMS