トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > テスト走行兼ねて本屋へ

テスト走行兼ねて本屋へ

2020年 02月13日


いろいろと格闘してDi2化&11速化した。
夕暮れ時にテストを兼ねて本屋に出かける。

今日は突然春になった。
変化が極端で体がついてかない。
着るモノのバランスも判断に困る。
とりあえずカメラは6DMk2+EF50mmF1.4。


だいぶ日は伸びたが早くも山へ沈みかかってる。
昼間は気温高かったけど日が沈みかかるとヒンヤリ。


激坂トレイルで本屋へ向かう。

普通の激坂では46Tは使わない。
もう1,2枚軽いギヤで走れる。
46Tが生きるのは押して登るのが辛いレベルの超激坂。
階段が必要なレベルの傾斜。
そういう場所も42Tで登ってたけど余裕が違う。
ペダル負荷を下げれるから足裏コントロールがしやすい。
ギリギリのトラクションを確保しつつ安定に進める。


舗装路の平地をビュンビュン飛ばして移動。
20km/h付近のギヤ刻みが細かくなった恩恵は絶大。
ギヤが合わない感は消えた。
ほとんどRZ120でギヤチェンジしてるのと変わらない。

アシスト領域と人力のみ速度域の境目は特有の感覚が残るものの困らない範囲。
ギヤの刻みはかなり理想的になった。
細かいに越したことはないが、たぶんこれで使い続けることになると思う。
欲は出ても文句は出ない領域になった。


テーマーパーク着。
さすがに少し冷え気味になってきた。
薄着すぎたか。
本を受け取ってダッシュで帰還。

[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > テスト走行兼ねて本屋へ
テスト走行兼ねて本屋へ COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS