バッテリーをフル充電するコツ

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > バッテリーをフル充電するコツ
2018.6.6



PSA1のバッテリーは温度見て充電制御してて、バッテリー温度が高い場合は安全の為に95%充電で止まる仕様。

使用直後のバッテリーなら仕方ないものの、夏場の室温高時にバッテリー空っぽから充電すると、充電時の自己発熱の影響で95%で充電完了になることが多々あります。

やっかいなことに、95%充電なのかフル充電なのか見た目では判断できず、、、

フル充電できてないとアシスト距離が5%g減ってしまうので、限界ギリギリ走行をやってる身としてはキッチリとフル充電したい。



で、必ずフル充電にする方法。

充電終わったらスイッチ付きコンセントで充電器への電源を切ってバッテリー冷えるまで放置。

バッテリーが冷えてから再度充電器の電源入れると、フル充電になってない場合は追加充電が始まります。

これで必ずフル充電から走り出せます(^^)

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > バッテリーをフル充電するコツ
バッテリーをフル充電するコツ | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS