ハンドルとステム交換

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ハンドルとステム交換

PSA1標準のハンドルはライザーが大きくてかなり高い位置。
ステムは長さ的には普通だけどフレームが大柄なのでハンドルは高く遠い。
ハンドルの角度を調整してグリップ部分が近くなるように調整してもしっくりこない。

ハンドル幅もダートに入ることを思うと微妙に狭い。
もう1、2cm広げたい。

ノーマルよりライザー低めのハンドルを探すと、ちと怪しいブランドだけどカーボンのがあった。
ビミョーだけど東レのカーボンシート使ってるようだ。評価も悪くない。
手頃な価格なのでダメ元で購入。
届いたら空箱かと思うぐらい軽かった。


幅を微調整しつつカットして好みに合わせ装着。
ほどよいライザー量でバッチリ。
カーボン製は振動吸収がいいはずだけどガチガチに頑丈だったのでその辺の性能は期待できないかも。
ポジション合わせが目的なので問題なし。


そしてステムも交換。
超安物のを長さ色々買ってテスト。
ステム取り付け位置の上下調整ができないのでイマイチ融通きかない。
ハンドルグリップの位置をしっくりくる様にすると最短の35mmになった。
長さ決まったので少しマトモそうな35mmのを購入して装着。
ポジション的にやや近いけど、わりといい感じに落ち着いた。

ついでにエルゴグリップも普通のやつに交換。
エルゴは手のひら乗せて走ると楽なんだけどグリップ太いので、指が短いと握りきれてない感が強くてダートとかでイマイチ。ゴム製のやつにしたけど振動吸収考えてスポンジの方が良かったかも?次回はスポンジにしてみよ。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ハンドルとステム交換
ハンドルとステム交換 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS