ペダルをセイント改に交換

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ペダルをセイント改に交換
2019.05.30



PSA1のペダルはセイントを使ってる。
これを交換。でも同じセイント。

話は5年ぐらい前にさかのぼる。
RIZE4RZ120と安物ペダルを使ってた。
ところが1年ちょっとで軸が潰れる。
軸が摩耗するのかグラグラとブレるようになって終了。
何度か安物に交換したがやってられない。
もっとマシなペダルないのか?
ってことでシマノのセイント(PD-MX80)を勧められた。
高いけど使い捨てではなく摩耗しても修理できる、って話だった。
使ってみると耐久性高くて数年使っても問題無い。

デザインもお気に入りでPSA1にも同じPD-MX80を買って装着。

調子よく使い続けていたけど王滝SDAの直前にRZ120のペダルに異変発生。
軸にガタが出てる。
直前だったので慌てて新品を購入して交換。
ガタ出た方はしまいこんでいた。

時は流れて2019年。
今年後半には新たなMTBが加わる予定。
ペダルがいるのでガタ出てたセイントを修理して復活させようと思い立つ。
誉自転車に修理を頼むが、ベアリングの問題ではなく軸ごとアッセン交換な感じ。
まーしかたない軸ごと交換、と思ったら、なんと部品無くなってて終了、、、
(PD-MX80はすでに廃盤)

しかし、PD-MX80のそっくりペダルがシマノから出てる。
コストかかりそうな加工や仕上げをやめて安くしたようなやつ。
軸の内部構造も同じっぽい。
この部品で修理できるかも?

シマノに確認してもらうと適合OK。
PD-MX80に使える。
というか金色アルマイト加工以外はまったく同じもの。
色がシルバーのままなだけ。
性能も同じだろな。


誰ともかぶらないであろう渋いPD-MX80シルバー版。
これはこれでアリ。
渋くてカッコイイ。

新しい廉価版のペダはPD-MX80と形状は全く同じ。
軸も含めて完全に同一と思われる。
でも色や仕上げが全く違う。
おまけにセイントのネーミングでない。
性能は同じでも見栄えが違ってイマイチ。

本来の後継であるXTのペダルはスペックいいけどデザインが気に入らない。
PD-MX80の方がいいや。


そんなわけでPSA1にシルバー版を採用。
いぶし銀のイメチェン。
間違い探しのレベルだが...

PSA1から外した金色アルマイトのを次のMTBに付ける予定。
まだ少し先なので大事に保管。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ペダルをセイント改に交換
ペダルをセイント改に交換 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS