ディスプレイUSBからライト電源供給

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ディスプレイUSBからライト電源供給
2020.09.08



最新ディスプレイにした大きな目的はUSB端子。ライト電源をここから取りたい。


端子はUSB-C。自作用のコネクターを探したが見つけられん。充電用の単純なやつが欲しいのだが普通には売ってない。

仕方ないので流用できるケーブルを探す。L型の端子もあんまりない。横にLはあるがステーに干渉する。下向きにLになるやつこれしかなかった。


チョッキンして電源ケーブルだけ残す。USB-Cは供給できる電力が大きい前提だからか電源線が太い。自作流用には扱いやすくて好都合。


伸縮チューブで補強して端子付ける。5Vで十分なので今回はブースト回路なしの直結。


うーん、横への飛び出しがチトぶさいく。差し込みからすぐ下へLになってるやつ無いのか、、、

このケーブルをBESVクオリティで作ってくれんかな。TRS2のライトをPS系やJR1、JF1で使えるから意味あると思うんだけど。


あとはライトの配線に繋ぐだけ。


モバイルバッテリー地獄脱出。5V駆動だが光量は問題ない。なんか文句あるか?って感じの明るさと配光。

本来は6VなのでDC-DCで6V作ればもうちょい明るくなる。
けど、この明るさで足りてしまう。


ついでに非常用のモバイルバッテリー直結ケーブルを作る。


電源乏しい時にライト電力をモバイルバッテリーから取るやつ。PSA1で使うことはないかな?

使うとすればTRS2AM。あっちはDi2なので本体バッテリーがシャットダウンすると死ぬ。非常時は早めにライト電力をモバイルバッテリーに逃したい。まーそんなシーンがあるか?だが。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > ディスプレイUSBからライト電源供給
ディスプレイUSBからライト電源供給 COPYRIGHT 1996-2022 E-NAYA
Powered by WPMS