タイヤをフューリアスフレッドに交換

トップ > 自転車の話 > Cannondale RIZE4 > タイヤをフューリアスフレッドに交換
2012.02.12

最初からついてたブロックタイヤの重たいペダリングに限界を感じてタイヤを交換しました。
走行のほとんどが舗装路、でも未舗装路も少しは走る。
そんな条件から、オフ性能を妥協してMTB用のセミスリックを試してみることに。
購入したのは、シュワルベのフューリアス フレッド(FURIOS FRED)。

タイヤパターン的にオフ性能はあまり期待できそうにないけど、とても軽量(26×2.00のチューブタイプで315g)。

未舗装路も走れる前提のMTBタイヤとしては、最も舗装路向きかな?って感じです。

寒いので日向でひっくり返してタイヤ交換
(ついでに掃除も)

最初から付いてたタイヤは、Maxxis Ridgeline。
すでに半分ぐらいに減りました。

このタイヤ、なぜかガラスやら突起物を拾いやすい。

短期間に2回もパンクしたのは運が悪いせいだと思ってたけど、交換時に点検してたらブロックにガラスのカケラが2カ所刺さってるのを発見。

どうも異物を弾かずにに取り込んでしまいがちなコンパウンドじゃないのかと…。

パターンの違いを比べたところ。

フューリアスフレドは、申し訳程度に低くて小さなブロックが付いてる感じ。

リムから外してるからRidgelineの方が細く見えるけど、フューリアスフレッドは2.0インチなので2.1→2.0で一回り細くなった(迫力が減ってちょっと残念)。

交換完了。

今まで横にもブロックが高めに飛び出した2.1インチの大迫力ブロックタイヤだったから、小さなブロックの2.0インチのセミスリックになると、すごく大人しい感じのMTBに見えてしまう。

ついでにベタベタだったチェーンやギア周りを掃除してスッキリ。

さっそく走り回って違いを確認。



舗装路では歩道や路面状態が悪い場所で2、3km/hの速度アップ。
車道の舗装状態がいい所では5km/hぐらいの速度アップ。
今までクォーンって常に鳴ってたロードノイズはほとんど無くなった。
走行抵抗が小さいから足を止めてもなかなか速度が落ちない。

その代わり、乗り心地がちょっと固くなった。
グニョグニョ感やボヨボヨ感が減って少しカッチリした感じに変化。
フルサスなので段差ではサスが仕事してくれるものの伝わってくる振動はやや固め。
充分MTBっぽい感触を持ってるタイヤだと思うけど、交換前がボヨボヨした太いオフタイヤだったから、見た目にも体感的にもスッキリした感じに変わってなんか寂しい。

でも、舗装路メインで距離走ると、楽に速く走れる恩恵は大きいです。
大半を舗装路走ってる今の状況では元のブロックタイヤには戻す気はしません。

未舗装路は、締まったダートなら普通に走れました(ポタリングペースの前提ですけど)。
基本的に通過できるだけと思ってた方がいいけれど、想像よりは走れる感じ。
シングルトラックの下りとか、ドロドロの場所は厳しいでしょうけど…。
オンロード性能とのトレードオフなので仕方ないとこです。

激しくないオフならなんとか走れて、舗装路ではクロスバイクに近い速度で巡航できる。
今の私の使い方にはマッチしてそうなバランスです。



2012.2.21 追記

同じルート(走りやすい平坦路メイン25km程度)を走ると、サイコンのアベレージ速度で3.5km/hぐらいアップ。

標準のMaxxis Ridgelineの時は根本的に速度が出にくく、ちょっと足を止めると一気に速度が落ちるので、速度が出過ぎたからセーブってことがほとんどありませんでした(緩やかな下り程度だとブレーキ必要なほど速度出ず、追加でペダリングする始末)。

それに対してフューリアスフレッドは、ダホンに近い速度が簡単に出るし、足止めても惰性で結構走ります。下りも速度出過ぎてブレーキ併用。結果的に歩道が混ざったルートを走ると、もっと速度出せるけど危ないのでセーブ&ブレーキで減速、って場面が多いです。たぶん車道オンリーで走ればRidgelineとの平均速度の差はもう少し広がる感じ。

速さという意味での性能は申し分ないんですが、見た目の迫力ダウンと微妙に固めのフィーリングがイマイチしっくりきません。未舗装路での頼りなさも気になるところ(2.0は充分太いんですけど、最初に2.1だったもんで…)。

とは言っても、マトモなブロックタイヤに戻る気はなし。
で、思いついたのがフューリアスフレッドの2.25サイズ(太すぎる様な気もするけど…)。
今の2.00は車道オンリーの超ロングライド勝負タイヤとして置いといて普段使いに2.25を入れようかと策略中。
太いけど特性は同じなので転がりは軽めなはず。
速度を少し削ってエアボリュームアップによる固いフィーリングの改善と太さアップで未舗装路の安定性アップ、になるかな?
(見た目の迫力改善も)。


2012.2.29 追記

固めと感じてたフィーリング、空気圧が低めだといい感じになることに気がついた。
最初は指定の最大値4.3bar(Ridgelineは4.5bar)。
この状態だと体感としてRidgelineよりもずいぶん固く感じる。

交換してから空気追加せずに乗ってたら、最近なんか乗り心地がいい。
空気圧を測ったら3.3barぐらい。
このぐらいだと、しっとり&少しボヨボヨ感が出て悪くない。
そして、その圧でもRidgelineの4.5barよりも格段に楽で速い。
(4.3barの時よりも少しもっさりして遅いけど)
で、4.0barぐらいに圧上げて走ってみると、やっぱり微妙に固い感触。
上げた分、軽快になるけど。

そんな感じなので2.00インチでも固さという面では空気圧で調整可能です。
町中乗るには3.5barぐらいがバランスいい感じ。


2012.3.3 追記

結局、フューリアスフレッド2.25インチ購入(^^:
2.00インチはロングライド用の勝負タイヤとして置いときます。

トップ > 自転車の話 > Cannondale RIZE4 > タイヤをフューリアスフレッドに交換
タイヤをフューリアスフレッドに交換 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS