2015 淡路島ロングライド150

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2015 淡路島ロングライド150
2015.10.25

2015 淡路島ロングライド150』。
今年で4回目の出場です(201220132014のレポ)。

自転車はいつものフルサスMTB、RZ120です。
参加する自転車仲間も大勢。
ペースは違っても人数多いと楽しいこと増えます(^^)。


今年は開催が10月に戻って、10月24、25(24が前夜祭)。
9月は暑すぎるので10月が気候的にはベスト。

イベント概要は例年通り。
ルートとエイドステーションの配置は去年と同じです。
(今年は1977人が走ったらしく、去年より100人以上多かったみたい)
午前6時15分スタート、午後4時15分ゴール制限。
エイドステーション毎の制限時間も例年通り。

私の目標は完走とエイドステーションでいろんなモノ食べること。
今年はこれに加えて景色いい場所では止まって写真撮る!
(いつもは走りながら撮ってるので失敗が多い)
時間的には余裕があるので少々止まっても問題ないはず。


出発の前夜に毎度おなじみのトレーラー連結テスト。
翌朝、自転車仲間と合流して出発。

いつもは会場へ直行するけど、時間持て余し気味になるので今年は途中寄り道。

トレを一時切り離して、パジェロ単体で滝を散策。
いやー、えー場所見つけた(^^)。

遅れ気味のスケジュールを巻き戻しつつ高速飛ばして会場へ。

受付。2人分を代理受付したので玉ねぎ多数。

ブースをいろいろ見てまわる。


ファットバイクいーなぁ。


毎度おなじみシマノのポリバケツカー。

ステージでジャンケン大会がはじまる。
どーでもよかったけど、皆んな参加するんでしぶしぶ参加。


仲間が次々と勝ち残って商品ゲット。
なかなかの強運やなー。
こっちはさっぱり弱くて残れない。

ジャンケン大会も終盤。

大物商品になったところでテキトーにやってたら、あれ?4人勝ち残った中に入った?
ステージ上がりになる。ステージ上でクイーン淡路と勝負。
ん?俺だけ残った???
ゲゲッ!勝ってしまった。

というわけでクロスバイクをゲット。
一生分の運を使ってしまったかも。

駐車場に戻ってゼッケン装着。

ジャンケン大会で盛り上がってしまったので18時の閉門が迫る。


日も沈んだ中、風呂へ。
今回も宿は淡路SA。

翌日は4時前起き。
早めにスタートすべく例年より早く動く。
会場まで渋滞はぼほ無し。

真っ暗ななか自転車の準備。
仲間内がそろってからスタート待ちエリアに移動。


暗闇に自転車ギッシリ。
いつもより寒いのでウンドブレーカー着てても寒い。
じっと待ってるのは辛い。



待ってる間に夜が明けてきます。
スタート前に朝日が昇る。
気温上がってくれ〜

やっとスタート。

寒いので最初の区間はウインドブレーカー着て走ることに。

早めのスタートがよかったのか混雑はやや少なめ。
追い風も手伝ってやや速めの速度で気持ち良く巡行(この風が後半地獄になるんだけど…)。

洲本まで26kmかー、と標識見てたら、後方スタートから追い上げてきた自転車仲間がバビューンと消えていく。彼の姿を見たのはこれが最後。12時過ぎぐらいにゴールしたらしい。平均速度が倍ぐらい違う。



遅い集団を追い越しつつ、いい流れで洲本のエイドに到着。

まずは豚汁。

今年もクイーン淡路が配ってくれてました。


豚汁すすってると自転車仲間がサザエのつぼ焼き持ってる!
こんなのあったのかー!速攻でゲット。
数が限られてるので早い時間帯にしか無いらしい。
スタート早めた恩恵。


おにぎりも食べて朝ごはん終了。
満足(^^)

自転車仲間でそろってエイド出発。


ここからもまだ追い風。
海岸線を抜きつ抜かれつ、いいペースで走って立川水仙郷の山道へ。
軽いギアでジリジリ登ります。


余裕かましてナゾのパラダイスゲートで写真を撮る。
この辺は予定通りのペースで問題なし。


山を下った先の海沿いで自転車仲間数台にバビューンと抜かれる。
平地はロードにはかなわん。

だいぶ海岸走って、灘のエイドに到着。


ありゃ?いつもある手延べそーめんが無い。
とりあえず、おしるこ頂く。
かまぼこ串揚げ天もゲット。これはウマイ!
デザートにバナナ。

ここからも坂がいくつも現れるので早々に出発。

いきなりの激坂。

いつもなら登り続けるけど、今回は止まって写真撮る。


振り返って後ろ見ると面白い。激坂をゾロゾロと自転車登ってきてるー!



素晴らしい景色の中、ジリジリと坂をクリア。
ピークからの下りは快適だけど、まだ何回か登り出てくるんだよなぁ…。
しかも、この辺から北向きに変わってきてるから強風向かい風。
この風はヤバイ。


途中で自転車仲間が待っててくれた。
皆んな楽しそうである。
そろって再出発。



ちょっと平地だったけど、その先は坂。
登って下って、気を抜いたとこで檄坂。
激坂だけど素晴らしい景色。

当然、止まって写真撮る。



この区間は平地と坂の繰り返し。
これに強風向かい風が加わってジリジリと厳しい状態に。

なんとか走りきって、慶野松原エイドに到着。


エイドの時間制限まで20分ちょい。
手早く補給。
淡路島ヨーグルト、おにぎり、飲むジェルっぽいのも貰ったけどマズくて失敗。

皆に先に出てもらってトイレ渋滞に並ぶ。
ここからは平地メインなので、いつもなら余裕だけど今回は風がヤバイ。
風速8〜9mレベルの向かい風。
しかも海沿いで吹きさらし。
どのぐらいの平均速度で走れるのか想像できない。

エイドから出発。


ものすごい向かい風。15km/hぐらいしか出ない。
このままじゃ多賀の浜エイドの時間制限に間に合わない。
限界越えで18km/hぐらいを維持して走る。
もはや止まって写真撮る余裕なし。
途中で先に出た今回初参加の仲間2台を追い越す。
速度差少ないけど多賀の浜をクリアできるか微妙なペース。
こっちもギリギリセーフぐらいな感じ。

ひたすら限界越え走りで制限時間の数分前に多賀の浜エイドに到着。
スタッフが「早く出てください!ここから20km/hで走ればゴールに十分間に合います」とか言ってる。
そんな速度では走れん。

急いでパンを玉ねぎスープで流し込む(熱い!)。
即、出発。


諦めるわけにはイカンので、とっくに限界越えた足で無理して18〜19km/hで走り出す。
が、もったのは10分ぐらい。
ものすごい向かい風に負けて13km/hぐらいが精一杯。
気をぬくと1桁速度に落ちる始末。
この速度じゃゴールの16時15分には間に合わない。
他の参加者の背後を利用して少しでも速度を上げる。
13〜15km/hを維持して限界越え走行。


長い長い時間我慢して走ってると、見えたー!明石大橋。



岩屋付近まで行くと風がおさまってきた。
そろそろ走る向きが変わる。ここからの追い風にかける。
高速高架をくぐったあたりから超強風追い風。
登りをハイペースで登って下り、信号渋滞後の平地は大爆走でごぼう抜き。


16時10分。制限時間5分前にFINISHゲートを通過!
ギリギリセーフ。
燃え尽きて灰になりました…。

さすがに制限時間を少し伸ばした様で、途中で追い越した仲間1人は20分頃に無事ゴール。
もう1人は残念ながら岩屋付近でタイムアウト回収に。

今回は異常な強風が想定外でした。
風速5mぐらいだったら仲間内は全員ゴールできたはず。
風速8mの向かい風は別物です。
いつも完走率の高い淡路島ロングライドだけど、さすがに今回は完走率悪かった様です。

超!超!過酷だったけど終わってみれば楽しいイベントでした。
まさに完全燃焼。充実した(しすぎた?)週末。

惜しくも走り切れなかった仲間は悔しさをバネにレベルアップするはず。
また来年楽しく走ってリベンジやね(^^)v。

2015 淡路島ロングライド150 | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS