2015 ツールドひじかわ

トップ > 自転車の話 > Cannondale RZ ONE TWENTY 2+ > 2015 ツールドひじかわ
2015.11.29

今年も「ツール・ド・ひじかわ」に参加してきました。
去年につづいて2回目です(2014のレポ)。
今年は主催が大洲市役所(観光まちづくり課)に変わってます。


会場や臨時駐車場は同じ。
でも、コースはまったく違います。
山が増えてるし、タイムトライアルまである。
走行距離も97km(上級コース)と前回より長い。
中級グルメコース(平地のみ51km)が追加されて初心者への敷居が下がった感じ。
中級のエイド内容と長浜大橋の開閉見物は上級コースにも取り入れてほしいぐらい魅力的。

今回は自転車仲間2人がエントリーしたので3人3台をパジェロに詰め込んで前日から向かいます。

無理すれば日帰りも可能だけど、超早起きは嫌なので宿確保。
寝るだけはもったいないので前日は遠回りして遊び倒します。


まずは腹ごしらえ。途中で八幡浜チャンポンを昼飯に食べます。
長崎チャンポンとはスープも具も違う。
玉ねぎやじゃこ天がいっぱい入ってる。
(伊予灘ちゃんぽんは具が違うらしい)



ふたみ付近。
天気いまいち。薄曇りで寒い。
ここで売ってる食べ物がうまそうだった。
次回は胃袋空けておこう。



佐田岬半島をドライブ。
色々立ち寄りながら、さきっぽに近いとこで風力発電の真下まできた。
時間の関係でこの辺で折り返して大洲へ。



宿にチェックインしてから歩いて近くをブラブラ。
去年も見た赤レンガの建物とポコペン横丁など。
大洲城は歩いて登ってライトアップ状態を鑑賞。
マイナーすぎるのか、ほぼ人はおらず(^^;

しかし寒い。
去年よりは確実に気温低い。
明日の着るもの悩むなぁ。



晩飯は近くの鉄板焼へ。
めちゃくちゃ旨くて大当たり。
本日2回目のちゃんぽん「大洲ちゃんぽん」を食べる。
名前はちゃんぽんだけど大洲ではソバめしが出てくる。
これがまたウマイ!


翌朝は7〜8時が受付なので早起き不要。
普通に起きて近くの臨時駐車場に車移動して準備。
寒いので冬用のアウターを着る。
足は冬用レッグカバーだけどビブが夏用なのでウエストウォーマーも併用。
グローブは悩んだ挙句、冬用はやめて毛糸の手袋+指切りグローブに。
冬用はカメラ操作しにくいんだよなぁ…。


スタート会場まで自転車で移動。
冬用アウター着てても低負荷では寒い。


受付してゼッケンなどもらう。
一括エントリーしてるのにゼッケンばらばら。
単にゼッケン離れてるだけならいいけどバイクラック位置がゼッケン指定でスタートもゼッケン順。
結果的に一括エントリーした仲間とバラバラの位置で待機&離れてスタートになる。
おまけに最初は先導付きで追い越し禁止なのでしばらくは合流不能。
この仕組みはいただけない。
チームでエントリーしてるんだから一緒にスタートさせてほしい。
(チームエントリーってそういうもんじゃないの?)


ここ数日の悪天候でコース予定だった山の上が積雪や落ち葉で走れる状況にないらしく、残念ながら大幅コース変更になる。でも、中腹のエイドまで登って折り返して、また反対側の中腹のエイドへ登るので距離と獲得標高はそんなに差がなさそうな感じ。



スタートして肱川沿いを先導付きで走る。
20km/h以下の低速で延々と走るので体がさっぱり温まらない。遅すぎて寒い!


橋渡ったら好きなペースで抜いていっていい、と言われたので低速走行から脱出。
体が温まるほどよいペースで巡航。
さすがに20km/h以下では冬用アウター着てても寒くてたまらん。




傾斜緩めでダラダラと続く山を登って1つ目のエイド到着。
おにぎり、バナナ、かきを頂く。
しそジュレがあるが私には毒(しそ嫌い)。
飲み物はコーラがあるナイス!


コース変更になってるので、ここから折り返しで下り。
先導車いないので遠慮なくぶっ飛ばす。
MTBにとっての快適区間。ロードをごぼう抜き。




肱川沿いを延々と戻って、反対側から登って2つ目のエイド。
ここはチェックポイントになってる。ゼッケンでチェックしてもらう。


芋炊き、おにぎり、飲み物はコーラをもらう。
のんびりしてたら最終走者を追い立てるサポートカーが来た。
エイドに残っている人まばら、ほとんど最後尾らしい。
時間たっぷり余ってるんだから皆んなもっとのんびりすればいいのに。
ほんとに最後尾になりそうなので出発。



ここからはアップダウンを繰り返しながらジワジワ登る。
すげー山深い。何にもありません(^^;




トンネル抜けたら下り。
全開でぶっ飛ばすも、すぐに3つ目のエイド。
ここでは、しし鍋、みかん、コーラを頂く。
大洲のトイレCARがいた。


エイド出てからも下り。
先導車無しなのでMTB快適区間。
寒さも忘れて気持ち良く下山。


R197号を黙々と大洲中心部へ向かって戻る。
会場近くまで戻ったところで冨士山(とみすやま)のヒルクライムTT。
距離2.7km、高低差230mぐらい。
5分おきに10台づつスタートです。
重たいフルサスマウンテン&重量物のカバン背負ってるので軽量ロードとは勝負にならないけど、話のネタに参加。



スタートしてすぐ最下位に。
が、少し登ると前走ってるロードのペースが落ちてくる。
2台ほどパスして先に行かせてもらう。
でもペースはノロノロ。
少し行くと激坂現る…。
立ちコギでヒィヒィ言いながら登る。
先の方にスタッフが何人かいるのが見える。
終わりかと思ってガシガシ登ったらまだ先があった…。

完全にオーバーペースでTTゴール。死ぬかとオモタ。
汗がボタボタ落ちてサングラスもメガネも曇って真っ白。


休憩してたら雨がポツポツ。
雨予報じゃなかったのに、ツールドひじかわは天気運が悪い。
いそいで下る。
ゴールの会場はすぐそこ。


雨足はあまり強くならずポツポツ状態でゴール。


完走証と景品もらう。
今年はゼッケンはくれてヘルメットのシールを剥がして返す仕組み。


ゴール後のフニッシュフードは揚げたてのじゃこカツ。
衣サクサクで最高にウマイ!
柿もあったので頂く。

寒いので閉会式見物は諦めて駐車場へ戻って撤収。
すぐ近くの温泉の割引券くれたので温泉入ってから帰還。

今回もやや天候に難あり(曇り&低気温&最後に雨)だったけど、イベントとしては十分楽しめました。
やっぱ、知らない道を安心して走れるのは楽しい(^^)。
終わってみればタイムトライアルも楽しかったし。
来年もまた参加かな。
晴天であることを願いたい。
2015 ツールドひじかわ | E-NAYA
COPYRIGHT 1996-2017 E-NAYA
Powered by WPMS